カメラレンズが汚れてしまった時の必需品HAKUBA レンズペン3 プロ

カメラをお持ちの方は、マストアイテムです。私も、「HAKUBA レンズペン2 プロ」から使っており、古くなったため「HAKUBA レンズペン3 プロ」を追加購入しました。

カメラのレンズに思わず触れてしまったとき、なかなか汚れが取れず困っていました。

こいつを使えば一発で汚れが取れます!

20160716r09

以下の4つがセットになっています。

  • レンズペン3 ブラック(レンズ用)
  • レンズペン3 フィルタークリア ブラック(フィルター用)
  • レンズペン3 マイクロプロ ブラック(ビューファインダー用)
  • マイクロファイバークロス(ポケット付)

レンズペン3 ブラック(レンズ用)

レンズペンは、主にレンズの掃除に使います。一番よく使うペンです。

ちょっとしたホコリであれば、ブラシで払って終了です。

20160716r10

簡単解決です。

20160716r11

油汚れは、クリーニングチップでお掃除。そのあと、ブラシでカーボン粉末を掃います。

20160716r12

レンズペン3 フィルタークリア ブラック(フィルター用)

各フィルターで使います。平らな面をクリーニングする時に使います。使う頻度は、クリア/PL/NP/クロスを使うか否かで変わってきますね。

20160716r13

レンズペン3 マイクロプロ ブラック(ビューファインダー用)

スマホのレンズやビューファインダーに使えます。

20160716r14

マイクロファイバークロス(ポケット付)

ケースとして使うだけでなく、クリーニング用のクロスとしても使えます。ウルトラマイクロクロスファイバーです。

油汚れや水分もふき取ることができ、速乾性にも優れています。洗えば繰り返し使えます。

汚れた時は、ぬるま湯で手荒いか洗濯機で洗えますが、漂白剤と柔軟剤を使うと性能を低下させる恐れがあるとのことです。脱水機と乾燥機は可能です。

20160716r08

使い方

キャップをはずし、クリーニングチップをガラス面に軽く当てて円を描くように汚れをふき取ります。チップ部についているカーボン粉末がヨゴレを取り込んで効果的にクリーニングができます。水滴が乾いたあとなどが残っている場合は、やさしい息を吹きかけて同じ工程を繰り返します。

20150105r127

終了後は、キャップをします。最後まで回して締めることによりカーボン粉末がチップ部分に補給されます。

説明書によると「通常1日5~6回の使用で約半年間使用できます」。こんなにマメにするやつはいるのかな。

ヘッド部分の取り換え

肉眼だと黒いだけでよくわからないのですが、カメラで撮影すると、こんな感じ

20160716r18

キャップを回してはずし、図のヘッド部分だけを引き抜いてはずします。

20160716r17

交換するだけ。交換部分は、本体だけに比べ安いです。

綺麗に収まります。

20160716r15

そして半分に折りたたむと、満足度がたかい。(わたしだけ?)

20160716r16

まとめ:ほんとうに綺麗になる超オススメの一品

カメラ愛用者には、常識だと思いますが、私のような素人には、感動しました。

フィルターやフェンダーもこれを使わないと、なかなか綺麗になりません。やっぱり3本セットがいいと思います。

関連URL

フラッシュを使いこなせ!Nikon スピードライト SB-700

大きいですが、必須ですね!

20141217r84

   このエントリーをはてなブックマークに追加