HDD/SSDクレードルを使ってOS環境や大量の写真をバックアップしよう

バックアップをクラウドで行うのが一般的になってきました。

クラウドサービスでは、以下の三つ巴の戦いとなっています。

  • Dropbox Pro(1TBまで)
  • OneDrive(1TBまで)
  • Amazon Drive(写真のみ無制限)

とは言え、OS環境のバックアップであったり写真のバックをHDDにしておくと安心です。今回はHDDをテーマに説明します。

個人的な意見として外付けHDDはオススメしない

外付けHDDも良いですが、以下の3つの理由から外付けHDDは、オススメしません。HDD/SSD専用クレードルを使いましょう。

  • 外付けHDDは値段が高い (3TBで9,291円)※
  • 外付けHDDは場所をとる
    外付けHDD 39mm 185mm 120mm
    HDD単体 26mm 147mm 102mm
  • 外付けHDDが壊れたときの修理が面倒

補足:外付けHDDは値段が高い

外付けHDD(9,291円) > 内蔵HDD(7,780円)です。

ただし、HDD1台だけの利用なら逆転します。

外付けHDD(9,291円) < 内蔵HD + グレードル(9,800円)

よって1台しかHDDがいらないようなライトユーザーなら外付けHDDを購入ください。

本ブログは、ヘビーユーザー向けの物です。

クレードルがいい理由

いろんなデーターをバックアップすると1台のHDDでは済みません。また、HDDからSSDに変更するような場合は、HDDが空きます。

いろんな用途に流量するような場合にも有効です。

  • HDDの種類を吟味できる
  • 2台目から安い
  • 専有の場所が少ない
  • 自作パソコンなどへの使い回しができる
  • 故障をしてもHDD単体で済む
  • 保障が長い場合がある

HDD/SSD専用クレードルも種類は様々

HDD/SSD専用クレードルは、安いものも存在します。高級感や使い勝手からSatechi製品を利用しています。オススメです。

HDDの場合

3TBのコストパフォーマンスが最強すぎます。逆に1TBは悪すぎるので買う理由がないかもしれません。

「8TBのHDD」と「3TBのHDD」の1TBあたりの価格を比べると、3割ほど「3TBのHDD」が安いです。

「10TBのHDD」と「3TBのHDD」の1TBあたりの価格を比べると、3.6割ほど「3TBのHDD」が安いです。

容量 1TBあたりの価格 値段
1TB 5,587 5,587
2TB 3,350 6,700
3TB 2,593 7,780
4TB 2,750 11,000
6TB 3,955 23,730
8TB 3,600 28,799
10TB 4,080 40,800

SSDの場合

超高速なだけあってお値段は高いです。今でも10倍近い差がありますね!

容量 1TBあたりの価格 値段
1TB 34,979 34,979
2TB 33,400 66,800

HDDは、こんな風にしまおう

20台以上あってもコンパクトにしまうことができます。

パーティションが必須です。

HDD 1TB

HDD 2TB

HDD 3TB

HDD 4TB

HDD 6TB

HDD 8TB

HDD 10TB

SSD 1TB

SSD 2TB

まとめ:バックアップを活用して安心運用

ふと気が付くと3TB以下のHDDばかりでした。

1万円未満なら気楽に買ってしまいますが、1万円を超えると躊躇するようです。

面倒でもバックアップをとって安心運用をしましょう。

 

 

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加