Adobe Creative Cloudの導入方法

Web業界のスタンダートツールAdobe Creative Cloudが、2013年6月18日から提供されました。今回は、導入方法について記載します。

20130706

Photoshop⇒Creative Suite(CS)⇒Creative Cloud(CC)

このAdobe製品は、20年ほどの歴史があります。(日本の場合、Phoshop時代から)

Photoshop単体時代 1993年~

日本で登場したのは、1993年です。単体商品として、Adobe Photoshop 2.5が、販売されました。このころは、Windows版もありましたが、動作が不安定で、使い物になりませんでした。会社では、Macintoshを使用した記憶があります。

Windowsが普及するかMacintoshが普及するかわからない時代です。会社では両方のパソコンがあることも少なくなく、ソフトウェアを作るときも、様々で時にはMacintoshで作り、Windowsで販売することも、珍しくありませんでした。

Creative Suite時代 2004年~

時は流れ、2004年1月には、Adobe Creative Suite(CS)として、一連(Suite)のソフトがセットになった製品が販売されました。様々なソフトが提供されましたが、ホームページ作成で使うのは、PhotoshopとIllustratorでしょう。

また、2005年には、Adobeがマクロメディアを買収し、Dreamweaver、Fireworks、FlashがCS3から、仲間入りしました。

正直、2004年までは、マクロメディアの方が元気なようにも、思えました。Adobe製品を使わなくても、マクロメディア製品のStudio(Dreamweaver、Fireworks、Flashがセットになったもの)さえ使えば十分に立派なWebサイトを作れたからです。

意外にも、マクロメディアが収集される形で、Adobe Creative Suite 6(CS6)まで提供されました。

振り返ると、私とAdobeのお付き合いは、20年近くになります。

Adobe Creative Cloud時代 2013年~

Adobe Creative CloudとAdobe Creative Suiteとの違いは、リアルショップで販売するか否かです。Adobe Creative Cloudは、店頭販売していません。店頭販売とは関係ないですが、Fireworksのアップグレードをしないことになりました。(Fireworks?CS6は、CC契約者が利用できる)また、極力、Flashを使わない傾向が強まり、旧マクロメディアで生き残ったのは、Dreamweaverのみです。

Adobe Creative Cloudは、Web業界のスタンダートツールとは言え、必須ではありません。Adobe製品を使わずに業務をしている人もいます。

ただ、HPや本での情報提供の豊富さや使用者の多さを考えると、他の手段で行うよりも、Adobe Creative Cloudを使用した方が手っ取り早いです。

最初の1カ月は、無料。2カ月目からは、3,000円~5,000円かかります。これらの出費は、アフィリエイトなどマネタイズ(収益化)することでカバーできます。

私自身、CCを使用しており、マネタイズして、利益を得ながら使用しています。

Adobe Creative Cloudを利用することで、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどの一連のソフトが利用できます。

製品名 内容
Photoshop 画像編集ソフトウェア
Illustrator ベクター(線や曲線)編集ソフトウェア
Dreamweaver HTML/CSS編集ソフトウェア
Flash アニメーション作成ソフトウェア

Adobe Creative Cloudの導入方法

Adobe Creative Suite 6の導入方法を説明します。Adobe Creative Suite 6を導入すると、PhotoshopやIllustratorなどの一連のソフトが利用できるだけではなく、20Gバイトまで、インターネット上にデータを保存することができる「Adobe Creative Cloud」も利用できるようになります。体験版を利用することで、30日間は無料で利用できますので、ぜひお試しください。

1.Adobeストアに移動

Adobe Creative Cloudをクリックし、以下の画面から、が移動するところを選択し、クリックする。

20130704k

1.ユーザー登録

Adobe IDをお持ちの場合は、「Adobe IDをお持ちの場合」をクリック。持っていない場合は、以下のところを入力し、作成

20130705

「Web」をタップし、Dreamweaverをクリック。

20130705a

「体験版のダウンロード」をクリック。

20130705b

下のところの「実行」をクリック

20130705c

しばらく待つ

20130705d

Adobe IDとパスワードを入力し、「サインイン」をクリック

20130705e

「同意する」をクリック

20130705f

以上でインストールが開始されます。他に試したいものがあれば、どんどんクリック

20130705g

たったこれだけの操作で1カ月間無料で試すこともできますし、ちょっとした操作で購入することもできます。

20130705h

「今すぐサインイン」をクリック

20130705i

Adobe IDとパスワードを入力し「サインイン」をクリック

20130705j

「体験版の使用を開始する」をクリックk

20130705k

以上で終了です。

20130705l

無料は、1カ月になりますので、存分に楽しんで下さい。1カ月後までに月々3,000円~5,000円払えるようにしましょう。1日100円~200円程度です。

まとめ

Adobe Creative Cloudは、誰でも簡単に試すことができます。Web業界のプロが使っているものになります。このサイトは、DeamweaverとFireworksを使用して作られています。

プロとしてものにできるかどうかは、本人の努力次第ではないでしょうか。

関連記事

Dreamweaver CC 使い方

   このエントリーをはてなブックマークに追加