HTML5とJavaScript

HTML5の登場によりJavaScriptの重要性が増しています。いままで以上に豊富な表現ができるようになったためです。

HTML5では、より簡単な表現でJavaScriptを表現できます。

従来のHTML
<script type="text/javascript">
HTML5
<script>

よってHTML全体がHTML4.01だと長くなりますが、HTML5だと短くて済みます。

HTML4.01の表現

妥当な書き方だと以下のようになります。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>ページタイトル</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
alert("こんにちは!");
</script>
</body>
</html>

 

HTML5の表現

同様に妥当な書き方

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>ページタイトル</title>
</head>
<body>
<script>
alert("こんにちは!");
</script>
</body>
</html>

HTML4.01の書き方は、これ以上に短くなると文法的な誤りになりますが、HTML5の場合は、文法的に正しいです。

このようにHTML5は、よりシンプルに書けるようになり、人にも優しくなったと言えるでしょう。

XHTML1.0の場合は、HTML4.01の書き方がより複雑になっています。

XHTML1.0の表現

妥当な書き方

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML Basic 1.0//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml-basic/xhtml-basic10.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>ページタイトル</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">
alert("こんにちは!");
</script>
</body>
</html>

どうでしょうか。HTML5とは、逆行していますね。W3Cは、HTML4.01の次にXHTMLの普及を考えました。しかし、W3Cの考え方がホームページ作成者に受け入れられずに普及せずに終わりました。滅んでしまった理由の一つが、わかるような気がしますね。

   このエントリーをはてなブックマークに追加