たった2時間!スマホの番号も変えずに快適に月々1,600円のIIJmio

最先端の機器を快適にしかも、格安でスマホを使いたい!そんな方も多いでしょう。

そんな夢のようなことを実現してくれるのがMVNOのひとつIIJmioです。池袋ビックカメラ本店にて2時間程度で実現できました。

20141124r00

MVNOとは

MVNOは、キャリア(IIJやOCNなど)がドコモから電波設備を借りて、自社ブランドで再販するサービスのこと。

再販するためにキャリアがドコモに払う金額は、総務省が決めています。この金額は、年々割り引かれています。2014年4月には、この価格が一気に半額以下にまでになり、その結果、更なる割引が進みました。

IIJmioとは

IIJとは、インターネットのサービスを一番初めに行ったインターネット界の老舗(プロバイダー)です。その会社が、販売しているNVMOがIIJmio(アイ・アイ・ジェイ・ミオ)です。ちなみに、mioとは、「私の」「私のもの」という意味のイタリア語です。

MNPとは

携帯電話会社(例:ドコモ)から、キャリアに変更したときに、携帯の電話番号を変えてしまうのは、現実的ではありません。

そこでMNPを利用します。MNPとは、ドコモやAUからIIJに変更しても電話番号を変えずに利用することができる仕組みです。

IIJmioの場合は、ビックカメラSIMカウンターで手続きをすることで、その場てSIMを受け取ることも出来ます。また、その場に行かなくても、インターネット経由で手続きすることも出来ますが、この場合には、1週間程度時間がかかります。

SIMとは

SIMとは、電話番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。このICカードには、携帯電話会社の情報も入っています。

携帯電話会社を変えずに、スマートフォンを買い替えた場合は、SIMカードをスマホから抜いて、新しいスマホに差すだけで、使えるようになります。

また、携帯電話を無くした場合や携帯電話会社を変えた場合は、SIMを再発行することで、再び使うことも出来るようになります。

SIMの形は、3種類

SIMカードの形状は、ご利用の端末によって異なるため、ご自分が利用している端末のSIMカードの形状をご確認のうえ、購入します。

形状 標準SIM microSIM nanoSIM
画像   20141124r02 20141124r01 20141124r00
主な機器 携帯電話 スマホ
iPhone 4sまで
iPhone 5以降

お勧めは、nanoSIM

アダプターを使うことで、小は、大を兼ねます。よって、普段は、nanoSIMを購入し、必要に応じてアダプターを使います。SIMアダプターについては、「いろいろ体験してわかった!SIMアダプターについて」を参照ください。

アダプターを使う場合は、必ずシールは、貼ってください。そうしないと、iPhone以外は、相当な確率で壊れます。詳しくは、「【情報共有】スマートフォンが壊れるかも!nano SIM変換アダプターの注意点」を参照ください。

SIMロック端末とSIMフリー端末

先ほど記載したようにSIMには、携帯電話会社が記録されています。

ドコモから発売されたスマホは、ドコモのSIMでないと動かないようにロックがかけられています。

これがSIMロック端末です。AUから発売された端末は、AUのSIMでしか動きません。ソフトバンクも同様です。

逆に、どこのSIMでも動くスマホがあります。Nexus 5,Nexus 6,Nexus 7 2013LTE,SIMフリー iPhoneです。

ドコモのアンドロイド系は、3,000円支払うことで、SIMフリー端末にできます。

初期費用について

MNP転出費用 3,000円(税抜)

SIM購入費用3000円(税抜)※MNPの場合、必ずビックカメラで購入する必要あり

月々の費用(税抜)

音声通話の場合

ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
1,600円 2,220円 3,260円
2GB 4GB 7GB

データ通信の場合

ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
900円 1,520円 2,560円
2GB 4GB 7GB

事前準備

一番大変なのは、キャリアメールとの決別。ただ、これさえやってしまえば、月々の料金を激安にできます。

事前にMNP予約番号をゲットせよ

主な方法としては、ドコモのスマホで116に電話するか、docomo IDを取得して使って取得します。

電話での取得と、インターネットの取得の両方を体験しました。どちらが良いかは好みです。どちらもスムーズに実施できます。

取得できるのは、電話もインターネットも、午前9時から午後8時までです。出先でも、電話やインターネット経由で手に入ります。

BIC SIMカウンターへいざ出陣

BIC SIMカウンターは、有楽町、新宿西口、新宿東口、池袋本店、ラゾーナ川崎、なんば、名古屋、札幌、川崎市高津区、福岡県福岡市にあります。

今回は、池袋本店で!土曜日の10時10分に到着。10時開店にも関わらず中途半端な時間に到着。

20141124r02

入ってすぐ右のところにある紙をとります。4人待ちでした。すぐにこの場所がわかれば、呼ばれるまでの待ち時間ゼロだったかも。

20141124r03

手続きについて

一人30分ぐらいの手続きです。5人まで受け付ける窓口があります。私が呼ばれたのは、10時40分。

店員は、簡単な注意事項を読むだけ。ほとんどは、iPadを使って、自分で入力します。私の場合は、既にIIJmioを利用していました。そのIDとパスワードを探すのに時間がかかりました。それ以外は、トラブルもなく30分程度で終了。

SIMの完成まで1時間。

11時10分に手続きが終了し、SIMカードの支払をします。3000円(税抜)。SIMカードの受け取りは、12時10分。尚、渡された紙によると平日であれば30分程度で出来そうです。

SIMのカードを渡されるだけ

ドコモと違ってスマートフォンに入れて、確認してくれるわけでもないです。渡されて終了。

20141124r04

自宅でSIM装着

Xperia Z2からSIMを取り出して装着します。nanoSIMを購入したのでアダプターを装着。端子部分は、あまり触らない方がいいですが、おもっきり触ってしまいました。

20141124r05

APN設定

差しただけなら、電話とSMS(ショートメッセージ)しか使えません。APNの設定を行います。

「設定」をタップします。

20141116r51

「その他の設定」をタップします。

20141124r07

「モバイルネットワーク」をタップします。

20141124r08

「アクセスポイント名」をタップします。

20141124r09

「+」を押して追加します。

20141124r10

SIMカードと一緒に同封している紙に書いてあります。

20141124r11

追加したあと、選ぶのを忘れずに!

20141124r12

これでインターネットが使えるようになります。

「みおぽん」をインストール

みおぽんをインストールしないと、3G程度しかでないようです。そこで、「みおぽん」をインストールすることで本来の性能がでるようにします。

実施前

20141124r13

Google Playでインストール

IIJmioクーポンスイッチからインストールします。

20141124r14

mioIDは、とても忘れやすいので、きちんとメモをとって思い出せるようにします。

20141124r15

クーポンの残量がわかります。

20141124r16

スピードテストも良好

20141124r17

空き容量が足りなくなった場合は、プラン変更かクーポンの購入を

注意点

Xperia系とGalaxy系は、テザリングができません。テザリングをするならiPhone iOS8以降かNexus系などを選びます。詳しくは、「動作確認済み端末」を参照ください。

まとめ:電話番号は、そのままで月々の料金を大幅に安く!

SIMを自分で取り付けたりAPNを設定したりと初心者向けではありませんが、月々1600円で利用できるのは大きな魅力です。月々の料金を節約したい方は、検討ください、

関連URL

【情報共有】スマートフォンが壊れるかも!nano SIM変換アダプターの注意点

IMG_2798

いろいろ体験してわかった!SIMアダプターについて

20140502r22

 

2015年 IIJmioとNexus 6の組み合わせが最強

「IIJmio」と「Nexus 6」の組み合わせ

IIJmioとドコモ iPhone 5sで始める!月々1,040円生活

IIJmioとiPhone 5s

Nexus 6の超高速充電(Motorola Turbo Charger)について

20141110r16

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:11 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加