タブレット通信料を月々1000円程度に下げる方法

月々のタブレットの使用料相場は、5,500円/月です。2年間で12万円ほど支払っていることになります。実質無料に騙されては、いけません。

上手く利用することで、月々のタブレット使用料を月々1000円程度に下げることができます。

20140322r18

一番リスクが少なく安価なのがMVNOです。MVNOとは、NTTの回線を借りて別の業者が販売することです。2014年4月1日から業者がNTTに支払う金額が半額になることから実用的になってきました。

NTTの回線を使うため品質は、NTTと同等です。尚、NTTに支払う料金は、総務省が決めています。

タブレットを何にするか

タブレットの種類によって異なります。通常は、「Nexus 7(2013)」または「iPad系」になります。

Nexus 7(2013)

本体+初期日+3,000円(税抜)+月々900円(税抜)で決まり。テザリングもできます。2カ月拘束しかなく、月々の維持費が非常に安いのが特徴です。

※LINEなどのSNSをする場合は、SMS機能付帯料144円(税抜)をつけると便利です。

SIMカードが到着した日から使うことができます。

Nexus 7本体 SIMカード

 MVNO:IIJmio(みおふぉん)の場合(税抜)

IIJmio(みおふぉん)は、以下の使用量を超えても200kpbs。また、クーポンといって、クーポンを使用すると高速(150Mbps)と低速(200kbps)を切り替えることができます。使わなかった分は、翌月に、持ち越すこともできます。

月1GB 900円
月2GB 1,520円

IIJmio(みおふぉん)は、以下の3箇所で販売しています。

  • IIJ直販(Amazon)
  • BIC SIM(ビックカメラとAmazon)
  • IIJmioウェルカムパック for イオン(イオン) 

BIC SIMだと、Wi2 300が無料で使えます。
※他のサービスだと、同等のオプションは、ありません

Wi2 300は、メジャーなWi-Fiを提供する会社です。SIMの料金も、月々の使用料も変わらないあtめ、通常は、BIC SIMを買うといいと思います。

クーポンを使用中だけ、以下の容量分、高速回線を利用できます。

ビックカメラで、BIC SIMを買うと、10%ポイント還元。逆にAmazonで500円の送料が必要となります。

iPad系の場合

キャリア経由で利用する

2年拘束。同じキャリアのスマートフォンを利用していることが条件です。

Docomo サービスなし
au 1,000円(税別)
SoftBank 1,000円(税別)

本体価格

Wi-Fiモデルの販売価格よりも約14,000円高くなります。SIMフリー版だと、さらに1万円程度高くなります。

iPad Air iPad mini
Retina
16G 65,520円 55,440円
32G 75,600円 65,520円
64G 85,680円 75,600円
128G 95,760円 85,680円

まとめ:Nexus 7(または、Docomo中古タブレットをお持ちなら)なら実用的!

IIJmioなら、2年拘束もなく、安価に実現できます。本体としては、Nexus 7かDocomo製タブレットのSIMロックを解除したものがお勧めです。

iPad系の場合は、大きな差はありません。

iPad系は、本体の値段があまりにも高く、どれを選んでも微妙です。月々1,000円のサービスを利用するか従来通りの支払い方法を利用するかは、好みになるでしょう。

関連URL

月々のスマホ使用料を1/3に下げる方法と3つの壁

IIJmio みおふぉん

動作確認済端末一覧

   このエントリーをはてなブックマークに追加