Intel CPUは普通すぎる!オタクならRyzen Threadripperを買うベシ

CPU単体で10万円以上するような気がしますが、16コアのCPUが発売します。

CPUへの想い

Intel Core 2シリーズが登場していた2008年8月までは、IntelとAMDとの戦いが面白く楽しかったです。

IntelのCore iシリーズ登場した2008年11月以降は、AMDが最後の頑張りを見せていました。2010年にPhenom II X6が発売して購入してしまいました。Intelよりも性能が劣っていたと思いますが、6CPUと思うだけで、ときめきました。

しかし、 2011年にAMDから発売されたBulldozer で失速。性能がおもいのほか向上しなかったため、Intelの独走に入りました。このためBulldozer が発売されて斬新されるまでの6年間は、CPU市場がつまらなかったです。

2017年3月にAMDからRyzenが発売。Core i7を凌駕する性能で、私もCore i7の6700Kではなく、これを買っておけば良かったと思ったところです。

Ryzen7 1700のコスパが最強

8CPUのRyzen7 1700なら、Core i7-7700Kよりも低価格で高性能なため良さそうです。

16コアのRyzen Threadripperが凄そう!

2017年夏頃に投入予定とのことです。

Ryzen Threadripper 1998X

ベースが3.5GHzでブーストで3.9GHzまで上がる。TDPが155Wととんでもない数値です。

物理コアが16個で論理コアが32個となると、並列処理が凄くハイスピードになりそうです。

真剣に創ると以下のようになりそうです。

  • CPU 12万円
  • SSD 12万円(2TB SSD)
  • その他いろいろ 16万円

まとめ:超人を目指すなら

16コアは一般の方には不要です。しかし、頂点を目指す方こそ使う価値があると思います。

私も、頑張って極めたいです。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加