iPad Airで、Windowsを操作する

iOS 7で説明します。iPad 3rd以降、iPad mini以降であればできるハズです。また、画面は、小さくなりますが、iPhoneでも可能です。

今回は、iPad系で、Windowsを操作する方法を説明します。あたかも自分の席に座っているかのように行えます。

20140112r24

前提条件

母艦となるWindows PCが必要です。 今回は、リモートデスクトップで実現します。詳しくは、を参照ください。

ネットワーク経由でパソコンを操作する【リモートデスクトップ接続】

Windows PCは、電源が入っている必要がありますが、リモートからでもONに出来ます。

リモートからパソコンの電源を入れる BUFFALO WZR-1750DHP2

Windowsを操作するので、キーボードが必要です。JIS配列は、純正キーボード以外できないとのことで、英語配列のキーボードを選ぶといいでしょう。

Anker Keyboard

なぜか、iPad側の制約で、マウスが使えません。必要であれば、タッチペンを使いましょう。詳しくは、タッチペンについてを参照ください。

タッチパネルは、完全に動作していました。

操作手順

  1. PPTP接続をする(インターネットから操作するときのみ)
  2. リモートデスクトップを行う

操作方法(PPTP接続をする)

PPTPをするには、ルータ側の設定が必要です。詳しくは、インターネットから自宅のパソコンを操作する【PPTP編】を参照ください。

「設定」をタップします。

20140112r01

「一般」を選択後、下にスクロールをし、「VPN」をクリックします。

20140112r19

「PPTP」を選択後、各項目を入力し、「保存」をクリックします。尚、各値は、インターネットから自宅のパソコンを操作する【PPTP編】にて設定した値を使用しています。

20140112r21

あとは、VPNの設定を右にスライドします。通知領域には、VPNの文字列が表示されます。

20140112r22

操作方法(リモートデスクトップ)

「App Store」をクリック

20140112r11

検索のテキストボックスにremote desktopと英語で入力します。日本語だと検索できません。

20140112r12

「Done」をクリック

20140112r13

新しく端末の設定をします。「New Remote Desktop」をクリック

20140112r14

各項目を入力後、Saveを押します。ここでは、普段Windowsログインするときに使っているIDとパスワードを入力します。

20140112r15

接続するため、クリックします。

20140112r16

一度だけ、確認のメッセージが表示されます。「Coonect Always」をクリック

20140112r17

Windowsの操作ができます。キーボードもタッチパネルも反応が良好でした。

20140112r18

まとめ:iPadでWindowsも!

これだけの設定でiPadでも、自宅のWindowsを操作できます。

関連URL

インターネットから自宅のパソコンを操作する【DDNS編】

インターネットから自宅のパソコンを操作する【PPTP編】

ネットワーク経由でパソコンを操作する【リモートデスクトップ接続】

リモートからパソコンの電源を入れる BUFFALO WZR-1750DHP2

   このエントリーをはてなブックマークに追加