ISOファイルからインストールUSBを自作する

いままでは、インストールDVDを使ってWindows 10をインストールしていました。

しかし、容量が多いため高価なDVD-R DLディスクを購入する必要があったり、DVDのため作成や読み取りに時間がかかる欠点もあります。

また、現在ではDVDドライブを持たないパソコンも増えています。

そこで今回は、安価なUSB媒体を使ってインストールDVDならぬインストールUSBを自作したいと思います。

尚、ISOファイルの入手方法は、以下の通りです。

Windows 10 インサイダープレビュー版

Windows 10 製品版

20161224r75

製品版のWindows 10の場合は、マイクロソフト純正のツールによりインストールUSBを作ることもできます。詳しくは、『簡単ですぐできる!windows 10 インストールDVD作成方法』を参照ください。

Windows 10 Insider Preview版は、ISOの提供こそありますが、インストールUSBを作成するツールが提供されていません。

そこで今回は、インストールメディアを作成できる「Rufus」を使って実現します。

Rufus - 窓の杜ライブラリ』に移動します。

「窓の杜からダウンロード」をクリックし、実行しましょう。

20161224r71

以下のように操作します。

1.インストールするUSBを選択します。慎重に選択してください。

2.ISOファイルを指定します。

3.「スタート」ボタンを押します。

20161224r73

終わりのメッセージはなさそう。緑のゲージが一杯になったら終了です。

20161224r74

使い方

新規にインストールする場合は、本体に挿すだけで大丈夫です。

既にOSが入っていると、HDDから起動してしまいます。

BIOSを起動し、USBから起動するようにしましょう。

電源ボタンを押して、DELキーを押します。

20161224r76

そして、「ブートメニュー(F8)」を選びます。

20161224r77

起動オプションが表示されますので、フラッシュメモリを選択します。

20161224r79

無事、起動することが出来ました。

20161224r80

まとめ:DVDディスクから卒用しよう!

いままで仮想OSを多用していたため意識することは少なかったですが、DVDよりも便利です。新規にインストールする場合は、活用ください。

フラッシュメモリもいろいろ

とにかく安価!

安価でコンパクトで高速タイプ

デバック用: FB:0 TW:1 Po:3 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加