JavaScript try catchによる例外処理 exit() 代替方法

通常のプログラミングにおいて、処理を途中で終了したい場合があります。例としてエラー処理があります。

残念ながらJavaScriptには、他のプログラムにあるexit()のようなものは存在しません。

exit()文に比べて使い勝手が多少変わりますが、JavaScriptの場合は、try...catchによる例外処理をすることでexit()相当の使い方ができます。

とほほさんのページにJavaの例ですが、分かりやすく書いてあり、基本的にJavaScriptでも利用できます。

【×みなさんがやりたい事】←exitが存在しないのでできません。

i=true; //終了させたい場合

//i=false //終了させたくない場合

if(i==true) { //終了判断

??? exit();

}

document.write("例外処理が優先されるため表示されない<BR>");

使い方としては、文全体をtry文にします。そしてエラー処理をcatch()に記載をします。

【○実装例】←try catchによる代替

i=true; //終了させたい場合

//i=false //終了させたくない場合 必要に応じてコメントをはずして試してね

document.write("エラー処理のサンプル<BR>");

try {

if(i==true){

throw new Error("エラーメッセージ");

}

document.write("例外処理が優先されるため表示されない<BR>");

} catch(e) {

alert(e.message); //エラーメッセージが不要の場合は、コメントにします。

}

今時のプログラムは、このように処理するんですね。

   このエントリーをはてなブックマークに追加