ロリポップ:白紙で表示される問題の解決方法!エラーメッセージを表示する

エラーがある場合、白紙で表示される

ご縁があって、ホームページを作成する機会を得ています。長野市七二会で信頼を得るためにも、きちんとしたホームページを納品したいです。

繰り返しになりますが、「ホームページを業務として作成する」のと「ホームページの作成方法を伝える」のは、違います。

いままでホームページを作成する講座や授業は、何回もしてアドバイスをしてますし、私自身、本ブログにて作成・運営していますが、慣れないホームページ作成は、苦労します。

久しぶりにロリポップに申し込み、新たにホームページを作成しました。

明らかにエラーがある場合、白紙で表示されるではありませんか!

20150614r81

このままでは、デバックできないため、エラーメッセージが表示されるように改善します。

20150614r84

ホームページ作成は、ムームードメインとロリポップで決まり!

ホームページの作成方法や運営方法を様々な方にアドバイスしています。前置きが長くなりますが、順番に説明します。

STEP1:独自ドメインを取得

ホームページを公開するには、わかりやすいURLが必要です。基本は、「地域名.com」です。取得することで、「地域名.com」が使えるようになります。

後述のロリポップで運営するなら、ムームードメインを利用します。初年度は、キャンペーン特価で480円です。(2年目以降は、1,200円ぐらい)

STEP2:ロリポップに申し込む

安価にホームページを公開する場合は、ロリポップが業界標準です。初期費用1500円+250円/月×12カ月で1年間、運営できます。(2年目以降は、250円×12カ月)

ロリポップは、「超安価」、「わかりやすい」、「対応がはやい」、「実績が十分にある」と、安価で安心しかも高性能を求めるなら、ここしかありません。

このお値段で50GBまで、画像などのファイルを保存できます。

当分、心配しなくて良いですが、アクセスが集中するようになると、月々の支払いを250円⇒500円⇒2000円とアップグレードする必要があります。

そのころには、支払いの何十倍も広告収入が見込めるようになるため心配は、無用。

ロリポップは、月々100円からありますがブログ感覚でホームページを更新できるようにするには、250円以上のサービスに申し込んでください。

本題:エラーメッセージを表示するように

ここからが本題です。上記サービスに申し込むと、24時間後ぐらいには、○○.comが使えるようになります。

動的にホームページを作るには、WordPressにてPHPという言語を使います。

例えば、PHPの場合hoge.phpに<?php abc() ?>と記載するんです。

明らかにエラーがあるのに白紙になる

昔は問題なかったのですが、現在ロリポップに申し込むと明らかにエラーがあるにも関わらず白紙で表示されてしまいます。

このままでは、デバック作業ができません。

20150614r81

解決方法

ロリポップのログイン画面に入り、「WEBツール」の「PHP設定」を開きます。

エラーメッセージ表示は、ドメインごとに設定します。該当する「設定変更へ」をクリックします。

20150614r82

初期値だと、エラーメッセージが表示しないため、「E_ALL」をクリックします。そして「php.iniを設定する」を押しましょう。

20150614r83

以上で、エラーメッセージが表示されるようになりました。

20150614r84

まとめ:ロリポップ利用時に必ず設定しよう!

Googleで検索しても、表示されなかったため、シェアします。

pcmanabu.comでは、ホームページ作成業務やホームページ作成講座を実施しています。また、ホームページ作成のためのコンサルティング業務も実施中です。

WordPressを使用してゼロから作成したい方には、以下の本がこの業界の標準本です。

   このエントリーをはてなブックマークに追加