Nexus 7 2013 TOOLKITを使用してADBドライバをインストールする

Nexus 7(2013)の画面をリアルタイムにパソコン上に表示するなど、様々なことを実現するには、ADBドライバーが必要です。

ADBとは、Android Debug Bridgeの略で開発者向けに提供されているドライバーです。

今回は、Nexus 7 2013 TOOLKIT V1.0.2を使って、実現します。

Nexus 7 2013 TOOLKITとは

  • ドライバのインストール
  • バックアップ
  • アンロックルート
  • リカバリー
  • Flash

など様々なことを実現してくれる便利なツールです

Nexus7 Toolkitの配布ページにアクセスして、「!CLICK HERE TO DOWNLOAD THE GOOGLE NEXUS 7 [2013 MODEL] TOOLKIT V1.0.2」をクリックしてダウンロードします。

20130910j

しばらく待つと自動的に、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが終了しましたら、「Google_Nexus_7_2013_ToolKit_v1.0.2.exe」をダブルクリックします。

「Next >」をクリック

20130910k

「Next >」をクリック

20130910l

「Next >」をクリック

20130910m

「Next >」をクリック

20130910n

「Close」をクリック

20130910o

アップデートファイルががあるか確認。ここでは「yes」

20130910p

ここでは終わらせたいので「X」

20130910q

ADB Driverのインストール

[Windows]キー+[X]から「コンピュータの管理」を選択

20130910r

「Nexus 7」を右クリック⇒「ドライバー ソフトウェアの更新」をクリック

20130910s

「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」をクリック

20130910t

「参照」をクリック

20130910v

「ローカルディスク(C:)」⇒「Nexus_7_2013_ToolKit」をクリック⇒「OK」

20130910u

「次へ」をクリック

20130910w

「このドライバー ソフトウェアをインストールします」をクリック

20130910xb

「閉じる」をクリック。なぜかNexus 4ですね。

20130910y

無事認識されたことがわかります。

20130910z

まとめ

開発者向けの作業になりますが、カスタマイズするには、必須の作業です。Galaxy S4は、自動的にADBドライバーが入りますが、Nexus 7(2013)は、大変ですね!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加