【大幅追記】Nikon D7200 水平に撮影しよう

撮影する時に、水平に撮影すると安定します。

逆にズレているとぼんやりした感じになってしまいます。

すごく当たり前のことではありますが、水平を確認する機能はD7100以上の上位機種にしかありません。

D5300クラスでは出来ません。

早速体験しましょう。

2016080373

体験すること

  • ライブビューで水平撮影
  • ファインダーで水平撮影

ライブビューで水平撮影

三脚を使用して水平に使用したい場合に有効な方法です。

①「Lv」ボタンを押します。
Lv:ライブビューの略

②「info」ボタンを2回押します。

「info」ボタンを押すことで、情報表示なし⇒格子線表示⇒水準器表示と切り替わります。

D7200ひな形

すると水平計が表示されます。斜めになっていると黄色のラインで表示されます。

2016080372

青色にして終了です。結構、シビアです。

D7100クラス以上を選ぶ一つの理由は、水平に撮影しやすいか否かがあるでしょう。

2016080373

ファインダーで水平撮影

三脚を使わない場合は、ファインダー内で確認した方が両腕で固定しやすく安定して撮影できます。

予め設定しないと出来ないマニアックな機能です。

2016080376

D7200では、二つのボタンのいずれかに割り当てることができます。早速、設定しましょう。

2016080377

「メニューボタン」→「カスタムメニュー」→「f操作」で設定可能です。

2016080375

「f2 Fnボタンの機能」もしくは、「f3 プレビューボタンの機能」を選択します。

2016080378

「f3 プレビューボタンの機能」を選択したとして説明します。

「▶」(右)を選択します。

2016080379

「ファインダー内水準器」を選択して終了です。

2016080380

設定したボタンを押すと、水準器が表示され確認できるようになります。

2016080381

水平にしましょう。上手くできると下に▲がでます。

2016080382

まとめ:上級者への第一歩

ニコンでは、水平に構えて撮影する器械のことを水準器といいます。D7200のマニュアルで「水平」という単語は、存在しませんでした。

基本となる機能になりますので、ライブビューで水平確認する方法とファインダーで水平確認する方法の両方をおさえておきましょう。

水平に撮影することを気にすると、構図まで神経がいかなくなります。個人的には、水平にするのはPhotoshopで整える方が楽な気がしました。

水準器:水平の度合いを測る器械こと

※単純な構造なものを器械。複雑な構造なものを機械という

 

D7200がお安くなってきた

本体のみで8万5千円を切ることが多くなってきました。カメラ撮影のプロを目指す方は持っているといいでしょう。

   このエントリーをはてなブックマークに追加