オススメ!縄文おやき 小川の庄 おやき村

長野市七二会は、西山地区に該当します。

西山地区と呼ばれるのは、長野市西部にあたる七二会・中条・信州新町と小川村あたりです。

第二回は、小川の庄 おやき村にある「縄文おやき 」についてです。

「縄文おやき 」の特徴

縄文おやきは、「焼きおやき」と、「焼き蒸かしおやき」があります。

まずは、焼きおやきから。野性的な顔つきです。

20150430r44

のびろの焼きおやき

20150430r45

青菜の焼きおやき

20150430r46

焼きおやきは、手間ががかかります。

20150430r47

連携して、作っては焼いています。

20150430r48

焼き蒸かしおやきです。軽く焼いてから蒸すのがポイント

20150430r49

りんごのおやきです。

20150430r50

焼きおやきは、2種類と少なく硬派です。対して、焼き蒸かしおやきは、12種類。ちなみに「ピザん棒」と「カレーん棒」は、おやきの形が、棒上になった邪道なヤツです。

20150430r51

入口

20150430r52

お店の中

20150430r53

場所について

白馬と長野市間を通るときに必ず通る道から少し入ります。

Googleマップへのリンク https://goo.gl/maps/X7Qgr

住所 〒381-3302 長野県上水内郡上水内郡小川村高府6937

営業時間 9:00〜17:00

定休日 月曜日 祝日の場合は営業、翌日がお休み

おやきづくり体験もおすすめ

小学生も楽々作れます。自分で作ったおやきは、美味しいとのことでした。ぱてぃお大門店でもできるらしい

20150430r54

まとめ:個性的なおやきです!

特に「焼きおやき」は、個性的です。おやきを極めるなら、食べないといけないところです。

「長野駅」と「ぱてぃお大門」にも直営店がありますので、食べてみるといいでしょう。

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加