9月末まで限定!OneDriveの容量を無料で瞬時に30GBに増やす裏ワザ

OneDriveの容量は、最初15GBですが、瞬時に30GBに増せます。

OneDriveのカメラ バックアップ機能の有効化することで15GBの追加ストレージを得られるキャンペーンを9月末まで実施しています。

今回は、Appleの新しいモバイルOS“iOS 8”のリリースに伴うものです。iOS 8をアップデートするには空き容量が約5GB必要です。容量の少ない16GBモデルでは空き容量不足によりアップデートが行えないケースがありました。“iOS 8”へアップデートするためにデータを消して空き容量を確保したいユーザーにとってメリットがあります。

なお、今回のキャンペーンは、Windows版、Windows Phone版、Android版の“カメラ バックアップ”機能を有効化しても同様の特典が得られます。カメラ機能のないWindowsマシンでもできるため、未実施の方は、この裏技を使ってください。

20140015r59

操作方法

現在、15GBであることを確認します。

Windows8.1を使用して、マイクロソフトアカウントでサインインします。

デスクトップに移動し、onedrive.comにアクセスし、「サインイン」をクリックします。

20140213r153

左下から「空き:15GB」となっていることがわかりますが、もっとわかりやすい画面に切り替えます。「ディスク容量を追加する」をクリックします。

20140015r61

容量は、現在「合計15GB」です。既に30GBになっている方は、過去に対応済みです。

20140015r63

早速、瞬時に増やす作業をします。スタート画面に移動し、カメラのタイルをクリック。

20140213r156

「許可」をタップ。カメラが使えなくても大丈夫。

20140213r157

デスクトップ画面に切り返すと、先ほどのブラウザー画面が表示されます。更新ボタンを押すと容量が、30GBに増えています。

20140015r54

まとめ:15GBの人は、必ず実施しよう!

たったこれだけで15GB増えて30GBになります。凄いです!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加