OSの寿命(XP,Vista,7)

昨日(2月20日)、マイクロソフトからWindows VistaとWindows 7のサポート延長が発表されました。

意識している方が少ないかもしれませんが、OSには寿命があり、OSの発売時に決められています。

個人向けにWindows Vistaを購入した場合は、「2012年4月10日」までしか使えない予定でしたが、今回の発表により2017年4月11日まで延長されました。

また、Windows 7についても、2020年1月14日まで使えるように延長されました。

今回の発表とは関係ないですが、Windows XPの寿命は、2014年4月8日です。あと2年で使えなくなります。

寿命がきてもOSを動作させることができますが、セキュリティ的な問題が発生してもマイクロソフトが対応しなくなるだけではなく、問題があっても報告自身がされません。セキュリティが確保できなくなるため、実質使ってはいけないことになります。この時期のことをOSの寿命と呼ばれています。

以下のように整理しましたのでご覧ください

OSの種類 OSの寿命 情報提供元
Windows XP 2014年4月8日 http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=1173
Windows Vista 2017年4月11日 http://support.microsoft.com/lifecycle/?c2=11732
Windows 7 2020年1月14日 http://support.microsoft.com/lifecycle/?C2=14019
   このエントリーをはてなブックマークに追加