Photoshop CCで楽に外枠を描く裏技

私のように画像で解説をするときに、心がけ頂きたいことが外枠をつけること。

外枠を付けることで見やすくなります。

恥ずかしながら、今まではFireworksで処理をしていました。牛歩ながら、Photoshopを使う部分を増やしています。

この方法を使えばFireworksよりも楽に外枠が書けます。

20161002r25

実施方法

レイヤーを作ります。忘れやすいので注意。

[Ctrl]+[Shift]+[N]で作りましょう。もちろん下のようにクリックしても大丈夫です。

20161002r34

長方形選択ツールをクリックし、左上から右下までドラックします。

ここでのポイントは、「長方形ツール」ではなく「長方形選択ツール」を使うこと。大きめ目に囲んでも1PXのズレもなくぴったり外枠を選択してくれます。

また、[Ctrl]+[A]を使えばより楽に選択できます。

20161002r27

選択範囲内で右クリックし、「境界線を描く」を選択します。

20161002r29

あとは、1px。色を灰色。位置は内側を選択し、「OK」ボタンを押します。

今回は説明のため赤枠としました。2度目からは、「OK」ボタンだけで済むのも大きなメリットです。

20161002r30

無事、外枠とつけることができました。

[Ctrl+D]で選択を解除しておきましょう。

20161002r31

いかがでしょうか。私のブログは、そんなさりげない配慮をして作られています。

20161002r25

まとめ:業務によっては必須の知識!マスターしよう

選択ツールで描画をすると楽にできるのは意外でした。

ぜひマスターしてくださいね!

   このエントリーをはてなブックマークに追加