【朗報】ぷららLTE無制限は開通費3,240円のみでスムーズに解約できた

ぷららLTE無制限を利用しましたが、実用レベルでないと判断しました。

・都会だと400kbpsしかでない(深夜1.4Mbps程度)
・田舎でも2Mbps程度
・田舎でも動画は参照できない
・田舎でKindle本がダウンロードできない

田舎で使うので都会の400kbpsは関係ないのですが、動画すら参照できなくKindleの本すら満足に読めないのは致命的です。

Kindleが読めない件

Kindle本をダウンロードするために、1時間10分程度かかります。しかし、1時間程度で必ずエラーになるんです。よって90%ほどでエラー。最初からやりなおしを3回ぐらい。

通信品質がよい朝4時に再チャレンジして、やっとダウンロードできました。

20150329r130

解約作業

残念ながら解約となりました。解約しても月末までは利用できます

ぷららのホームページを熟読すると、「初月無料期間中にぷららモバイルLTEを解約した場合1ヶ月分の料金を請求させていただく場合があります」と明記されています。

よって、初月無料期間中に解約すると、開通費3,240円 + 3,142円=6,382円請求される可能性があります。

しかし、使えないサービスを提供されて6,382円も支払いたくありません。

いろいろ大変だと思っていましたが、メール一本ですんなり解約することができました。

支払うのは、開通費3,240円だけです。

ぷららの 「解約について http://www.plala.or.jp/support/cancellation/kaiyaku/」を参照ください。

メールのひな形は、メールでの解約についてhttp://www.plala.or.jp/support/cancellation/kaiyaku/mail/を参照ください。

解約・退会を理解しよう

詳しくは、「解約・退会をご検討の方|http://www.plala.or.jp/support/cancellation/」を参照ください。

いきなり退会すると、インターネットが使えなくなります。よって解約をして、翌月になってから退会することになります。

20150329r132

SIMは必ず返却しよう!

解約は、月末です。月末になったら、SIMを返却してください。返却し忘れると、SIMカード代金として4,104円(税込)を請求される場合があります。

まとめ:開通費3,240円だけでお試しできたのは満足

いろんなことがありましたが、開通費3,240円だけでお試しできたのは満足です。

ただ、使えるサービスにして提供して欲しいのが私の要望です。利用できるサービスであれば「ぷらら」も「私」もお互い得しますし、使えないサービスならお互い損をするだけですから。

   このエントリーをはてなブックマークに追加