気をつけろ!ぷららLTE無制限は、イマイチだった

事前に、様々なサイトで調査して、フレッツ光ではなく「ぷらら LTE 無制限」にしました。

結果は、イマイチでした。

スマートフォンなら、おおよそ1Mbpsで実用上問題なし。

テザリングだとパソコンで昼間300kbps。深夜450kbpsで役不足。

スマートフォンだと安定して1Mbpsは超えます。

20150329r99

パソコンだと安定して300kbps程度。1Mbpsでれば満足なんですが...

20150329r100

検証機器

以下の3機種で同様の結果だったため、機種との相性ではありません。

  • Xperia Z3 Compact
  • Nexus 5
  • iPhone 5s

IIJmioとの比較

IIJmioだとスマートフォンで40Mbps

テザリングで1Mbpsでした。これならストレスなしです。

ぷららLTE無制限の注意点!

検証機器共通の現象でした。仕様のようです。

  • 起動した瞬間は使えない
  • 1分ほど待つと3Gが使えるように
  • 5分ほど待つとLTEが使えるように
  • ユーザーIDとパスワードが正しくないと使えない

知って欲しいこと

「300kbps」と「1Mbps」とは、体感的に何倍違うと思いますか?

実は、ネットの遅いイライラは、スピードの二乗に比例するんです。

よって10倍以上、おそくてイライラすると言うことです。

※3Mbps以上だと、別の場所が足を引っ張ることが多くメリットは、少なくなります

モバイルルーターで化ける可能性あり

今回の問題は、テザリングで1Mbpsから300kbpsまで落ち込むことです。

USB接続でも結果は変わらず。よってWi-Fiが原因ではないことは、間違いない。

もし、パソコン経由で1Mbps出れば満足です。

まとめ:モバイルルーターに期待しよう

スマートフォン経由で1Mbpsは安定して出ます。

パソコンだと300kbps。

IIJmioだと何の問題もなくパソコンで1Mbpsは出ますので、ぷららLTEが原因だと言いたくなりますが、違います。

できない原因を探すのではなく、本来持っている性能を引き出すことこそ、我々がすべきことです。

「気をつけろ!ぷららLTE無制限は、イマイチだった」は、この記事を読ませるためのタイトルです。

次回は、「ぷららLTE無制限は、素晴らしい」に変わるように頑張りたい。

   このエントリーをはてなブックマークに追加