インターネットから自宅のパソコンを操作する【PPTP編】

前回の話

詳しくは、「インターネットから自宅のパソコンを操作する【DDNS編】」を参照ください。

20131229r02

今回の話

このPPTPを実現するには、DDNSができていることが望ましい。

20131229r03

 

PPTPとは

Microsoft社によって提案された暗号化通信。ルータとパソコン間を一つのネットワークのようにやりとりできる。今回の場合は、自宅のルータ配下と同じネットワークにできる。

尚、PPTPは、ルータ・Windows・Androidなど、ざまざまな機器間で利用できます。

実施方法

http:192.168.11.1 に接続します。「詳細設定」をクリック

20131225r153

[Internet]から[PPTP]を選択し、[PPTPサーバー機能]にチェックを入れる。そしてPPTPするためのユーザーとパスワードを設定する

20131229r05

端末側の設定

[Windows]+[X]から[P]を入力し、コントロールパネルを表示し、[ネットワークの接続状態とタスクの表示]をクリック。

20131229r06

[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をタップ

20131229r07

[職場に接続します]をクリック。

20131229r09

[インターネット接続(VPN)を使用します]を選択します。

20131229r10

インターネットアドレスと任意の名前を設定し、[作成]ボタンを押します。任意の名前は、次の画面に表示されます。

20131229r12

最後に電波マークをクリック

20131229r13

あとは、VPN 接続(名前は設定で変わります)をダブルクリックして、IDとパスワードを入力することで、PPTP接続できます。

20131229r14

正常にできた状態

20131229r15

まとめ:この設定で自宅と全く同じネットワークに!

たったこれだけの設定で自宅と同じネットワークにできます。あとは、リモートデスクトップを実施して終了ですね!

iOSやAndroidでもPPTP接続とリモートデスクトップができます。どこにても、あたかも自宅にいるように、パソコンを操作することができて便利です。

   このエントリーをはてなブックマークに追加