プリンター徹底活用!印刷コストを1/10に

インク代を大幅に節約する方法は以下の2つです。

  • 格安互換インクを活用する
    ※1/10ほどのコスト
  • ICチップリセットをしてインクを補充する
    ※1/5ほどのコスト

私の場合は、プリンターを2台活用して文章系を前者の互換インク・写真系を後者の補充インクと使い分けています。

本体代と互換インクでプリンターを決めるとすると...

本体代

PX-049A(6,530円) < PIXUS TS8030(13,750円) < EP-879AB (13,750円)

インク代

新しい機種のインクは高いので私の使っているもので比較します。

PX-504A(415 円)
PIXUSMG7530BK(393円)
EP-807AW(888円)

 

みなさんプリンターを活用していますでしょうか。私は、気になった記事や年賀状など、様々なものを印刷しています。

年賀状を100枚以上印刷しても、500円未満で安いです。

20150103r30

印刷は高いと思われますが、工夫次第でお安くできます。私は、毎日のように活用しています。

気になる記事があったら、印刷もしています。

20130818o

このページで学ぶこと

  • プリンターのインク代は、1/10以上に安くすることができる
  • 紙代は、1/4まで減らすことができる
  • その他、注意事項について

年賀状や文書用を中心に扱う

年賀状や文字が中心なら顔料系のプリンターがお勧めです。写真の画質も、そこそこいいです。

染料インクと顔料インクの違い

染料インク 顔料インク
20130818n 20130818m
発色がクリアーで鮮やか 高精細な色表現。豊かな階調性
光沢感を得やすい 使える用紙の幅が広い
インクが乾燥するまで時間がかかる 速乾性があり、早く色が安定する
印刷スピードが速い 印刷プリントの耐久性に優れる
写真印刷との相性が良い 文字印刷との相性が良い

お勧めプリンター(顔料インク)

各プリンターの特徴

型番 価格 有線 無線 両面
印刷
黒容量 印刷速度 本体サイズ
収納時
PX-405A 6,318 390×300×145
PX-435A 9,072 390×300×145
PX-504A 11,550 黒のみ
黒のみ
445×367×169

共通:有線接続・SDカード読み取り・スキャナ

お勧めプリンター価格とイメージ

PX-435A PX-504A
EPSON インクジェット複合機 Colorio PX-435A EPSON インクジェット複合機 PX-504A 有線・無線LAN標準対応 自動両面標準搭載 前面給紙カセット スマートフォンプリント対応 4色顔料インク

お勧めインク

なぜか504Aの方がインク容量が大きいのに、価格も1/3ぐらいです。ビジネス用のため、インクの売られる数が多いからでしょうか。

PX-405AとPX-435A用

互換インク 純正インク
EPSON 純正インクカートリッジ IC4CL69 4色パック

PX-504A互換インク。なぜかPX-504A用は、いつも安いです。

互換インク 純正インク
IC4CL6162 互換インク4本セット(チップ付) エプソン PX-203/503A/603F用 EPSON 純正インクカートリッジ IC4CL6162 4色パック

お勧めプリンター(顔料インク+染料インク)

双方のいいとこどりをしたのが、キャノンです。黒色は、普通紙にもつよい顔料インクも準備。黒以外は、5色染料インクを準備しています。

お勧めプリンターの価格とイメージ

キャノンの互換インクもなかなか安いです。

お勧め用紙

 

私は、イオンでA4 用紙500枚で250円のものを使っています。片面印刷用の普通紙です。

片面用紙

メーカー純正両面用紙

参考情報:お勧めプリンター(染料インク)

写真の画質をこだわりたい場合は、染料タイプのプリンターを使用しています。写真用は、純正品で固めていますが、そろそろ純正以外も試そうと思います。

純正は、高くなりますが、発色が良い。アルバム保存300年と、長持ちします。

以下のプリンターと純正インクを写真専用として使用しています。品質が気になるため、純正しか使っていませんでした。

プリンター

純正インク

互換インク

互換インクの注意点は、3つ

超格安の互換インクは、量販店に売っていません。価格破壊がおきるからでしょうか。

不良品が、たまにあって使用できない場合があります。予備の互換インクは、2つ以上備蓄すると万が一のときも安心です。

また、メール便のため、注文をしても到着までに4日間ほどかかります。トラブルがあってから、ポチってもすぐに到着しないのが難点。事前に準備しましょう。

まとめ

プリンターと言えば、写真の印刷と思われがちですが、純正品を使う限り、コンビニやお店で印刷するのと料金は、あまり変わりません。

プリンター最大限に有効活用するには、互換インクも視野にいれて、格安なインクと用紙を使うことです。

コストが心配で使わない人が多いです。コストを気にしないで毎日どんどん活用する。これこそが活用術ではないでしょうか。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加