電圧・電流チェッカーは見た目で買うな!RT-USBVA1

2014年3月15日の記事で、「RT-USBVA1」を紹介しました。

なぜか電流値が2倍。故障かと思い再度購入しても、同様でした。

なんと「粗悪品」だった

以下は、メール原文

有限会社ルートアールで品質を管理しておりますものとなりますが、一部当社の管理するもの以外の品物をAmazon.co.jpサイト上で”RT-USBVA1”として出品する業者がおり、販売されてしまった品物がございます。
その中には実際の電流値のおよそ倍の誤った数値が表示される粗悪品が含まれていることが当社の調べによって判明しております。

有限会社ルートアールが正規品

本問題を回避する方法として、販売がルートアールであることを確認して購入してください。

20140428

表を見ても違いなし

20140431

正規品は、黒。

20140432

正規品は、黒です。中に入っているチップも違います。

20140433

電圧・電流チェッカーを使う理由

電圧・電流チェッカーを使うきっかけは、モバイルバッテリーを充電するときに24時間もかかり不思議に思ったところから始まります。

もし、電流チェッカーがなければ、充電開始時間と、充電完了時間を測るため、とてつもなく面倒です。

充電に必要な時間は、電流で決まります。電圧は、5V前後固定ですので、電流さえ調べれば、大体予想ができます。

電流に反比例して充電に必要な時間が決まると言えるでしょう。

この電圧チェッカーも、800円ほどで手に入ります。手軽にあと何時間かかるか予測ができるようになります。

20140314r34

以下は、大雑把な目安です

機種 容量 電流 時間
Galaxy S4 2,600mAh 1.5A 1.5時間
iPhone 5s 1,570mAh 1A 1.5時間
Nexus 7(2013) 3950mAh 1.1A 3時間
iPad mini 6,471mAh 2A 3時間
iPad Air 8700mAh 2A 3時間
Miix 2 8 4730mAh 1.7A 3時間
Thinkpad 8 5400mAh 1.7A 3時間

Galaxy S4へ充電するとき、1Aしか流れなければ、充電に2時間15分ほどかかることになります。

本日、検証したゴールドLightningケーブルの場合は、AirPadへの充電は、通常の2倍 8時間ほどかかります。

メジャーなチェッカーは、3種類

20140424

メーカー センチュリー ルートアール ルートアール
レビュー
記事
CT-USB-PW RT-USBVA1 RT-USBVA2
商品名 USB Power Meter CHAGER Doctor
型番 CT-USB-PW RT-USBVA1 RT-USBVA2
測定電流 0.05~2A 0~3A 0~3A
測定電圧 0.00V~9.99V 3.5V~7V 3.5V~8V
精度電流 2% 2% 1%
精度電圧 1% 1% 1%
USB規格 USB3 USB2 USB2
切替 ボタン 時間 時間
 Amazon

測定結果

測定器自身が電流を使うため、電流は、0.1Aほど少なくなります。

20140429

同様に機器も消費するため、電圧は、測定器を経由すると0.2Vほど下がります。

20140430

まとめ:正規品を利用しよう!

別の販売元から2つ購入し、2機種とも粗悪品でした。検証結果がおかしいため、再検証をし、ずいぶん無駄な時間を浪費しました。私のように粗悪品を購入したら、必ず返品しましょう。

正規のルート(有限会社ルートアール)から購入すると安心です。

関連URL

【レビュー】センチュリー USB Power Meter(CT-USB-PW)

これは凄い!スマホ・タブレットへの充電を速くする 急速充電ケーブル

   このエントリーをはてなブックマークに追加       

  • Game 213

    僕も普通に使ってて数値おかしいなと思ってたら粗悪品だったんですねw(今は新しいものを買いなおしました、RT-USBVACっていうやつです)