パワーユーザーにオススメshutdownコマンド!Windows 8.1でも有益

IT機器の管理者など、パワーユーザーにオススメしたいのがshutdownコマンドです。

マスターすることで、パソコンをコントロールできる幅が広がります。例えば、1時間後にシャットダウンなどができます。

リモートデスクトップでも利用できます。

基本的な使い方

[Windows]+[R]を押します。

20140705r88

cmdを入力し、[Enter]キーを押します。

20140705r89

shutdown -s で60秒後にシャットダウンします。

20140705r90

本当にシャットダウンします。

20140705r91

止めたくなったら、急いで、shutdown -a [Enter]これで中断できます。

20140705r92

ここからが本題。上級者必須知識

サーバー管理者になると

ウィルスのスキャンが終わってらシャットダウン
バックアップが終わってからシャットダウンをしたい

3時間後にシャットダウンしたいなぁってことが、おのずと発生します。

1分後シャットダウン
shutdown.exe /s /t 60

1時間後シャットダウン
shutdown.exe /s /t 3600

3時間後シャットダウン
shutdown.exe /s /t 10800

とシャットダウン時間をコントロールできます。つけっぱなしにしたくないけど、電源をすぐに切りたくないときに有効です。

20140705r93

マニアックな方法

本日、教えてもらいましたので紹介します。shutdown -i [Enter]

20140705r94

[追加]を押してlocalhostを登録。「シャットダウン」にしてコメントに何かゴミをいれます。

何か入力しないと「OK」が押せません。これは、誤操作を防ぐためにマイクロソフトが考えた方法です。

20140705r95

本当に30秒後にシャットダウンします。

20140705r96

余談:リモートから電源を入れる

Webサーバーや操作できるコンピュータ、またはルータがあればWOLを使ってリモートから電源を入れることもできます。

リモートからパソコンの電源を入れる BUFFALO WZR-1750DHP2

まとめ:パワーユーザーは、とことん使いこなせ

一般ユーザーには、不要な操作ですが、IT管理者は、結構使えます。覚えておきましょう。

関連URL

人気記事です。ぜひ、参照ください。Windows8.1シャットダウン 11の方法

120140309r122

デバック用: FB:0 TW:3 Po:7 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加