Nexus 7 2013 TOOLKITを使用してルート化する

今回は、Nexus 7 2013 TOOLKITを使用して、ルート化します。ルート化することで、今まで出来なかった様々なことが実現できます。今回は、デファクトスタンダードなSuperSuを利用します。

20130923r23

ルート化のメリット

・ルート権限が必要なアプリケーションも、インストールできる

・通常、操作することができないような部分においても、自己責任で、操作ができる

ルート化のデメリット

・メーカーの保証がなくなる

・最悪、起動不可になる

SuperSuとは

SuperSUは管理者を管理するもので、特定のアプリケーションへのアクセスを許可または拒否の設定ができます。また、自分のアカウントに対しても、スーパーユーザーの有効・無効の設定が、簡単にできます。

スーパーユーザーとは、Linux用語になり、なんでも操作ができる権限になります。ルート化するとは、スーパーユーザー権限を得ることを意味します。Windowsで言うAdministratorですね!

注意事項

自己責任で実施してください。メーカーの保証がなくなります。また、最悪、使用できなくなる可能性があります。

事前準備

必ず、以下の2つを事前に行ってください。

Nexus 7 2013 TOOLKITを使用してADBドライバをインストールする
(推奨)最新バージョンにアップグレードする(推奨)

Nexus 7 2013 TOOLKITを使用してブードローダーをアンロックする

実施方法

ツールキットを起動します。「C:C:Nexus_7_2013_ToolKit」の「ToolKit.exe」をダブルクリック

20130923r6

「no」と入力

20130923r7

Wi-Fiモデルなら、11。LTEモデルなら21を入力

20130923r18

もし、以下のメッセージが表示されたら、1か2を入力。

20130923r19

しばらく待ちます。

USBケーブルを接続し、2を選択し、終了です。

20130923r20

あとは、放置しておくと、自動的に終了です。SuperSuがインストールされていれば、成功した証拠となります。

タップをすると

20130923r25

スーパーユーザーが有効になります。

20130923r28

まとめ

ルート化をすると、出来ることはは、多くなりますが、その分、自己責任の部分も多くなります。次のステップとして、リモート操作のVNCでも使おうかな!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加