時代は3万円パソコンへ!2015年の注目株は超格安パソコン X200MA

かつての激安パソコンはメモリが少なく、安いけど使えない物が多くありました。

しかし、今は、違います。超格安パソコンは、安いだけではなく、実務でも使えるパソコンです。

今では3万円パソコンが発売し、価格.comを見ても、数多いノートパソコンの中で、なんど売れ筋第1位です。以下は、本日のランキング(1月25日現在)

20150125r00

超格安パソコンX200MAについて

見た目もいたって普通。

20150125r02

質感は、悪くない。

20150125r03

4色そろっています。

20150125r04

3万円パソコンと3万円タブレットの比較

3万円パソコンと言えば、比較したいのが、8型のタブレットです。価格.comでは、ノートパソコンとタブレットが別れているため、どちらが多く売れているかは比較できません。

価格.comで調査したところ、一番売れている3万円パソコンは、Lenovo Miix 2 8でした。

早速、両者を比較してみましょう。

X200MA-B Lenovo Miix 2 8
OS Windows 8.1 with Bing Win 8.1 With Bing
CPU Celeron N2830(2.16GHz) Atom Z3740(1.33GHz)
メモリー 4GB 2GB
ストレージ HDD
500GB
SSD
64GB
液晶 11.6 インチ 8インチ
解像度 1366x768 1280 X 800
オフィス キングソフト
Office 2013 Standard
ホーム&ビジネス 2013
タッチパネル なし あり
重量 1.2kg 350g
駆動時間 7.1時間 10時間
USB USB 3.0×1、USB2.0×2 Micro USB×1

 OSについて

Microsoftが提示する要件を満たすことで、Windows 8.1 with Bingをライセンス料を0円で搭載できるものです。Windows 8.1とほぼ同等。

CPUについて

Celeronの名がついていますが、中身は、Atomの高クロック版。周波数だけパワーが上です。約1.6倍の性能。

メモリについて

2GBあれば、普通に使えるものの、4GBあると快適さが違います。よって4GBを搭載している3万円ノートパソコンが上です。

ストレージについて

64GBあれば、通常の業務ができますが、写真などを大量に保存すると、すぐに足りなくなります。500GBあれば、安心

液晶について

8インチに比べると、ノートパソコンが大幅に大きく見やすい。計算してビジュアル化しました。大きい方が見やすいです。

20150125r01

重さについて

ノートパソコンは、高価なモバイルパソコンとも、ほぼ同じ重さ。

Miixの350gは、凄いの一言です。iPadやAndroidタブレットとも互角に戦えます。

ノートパソコンとタブレットのため当然ですが、別物と言えるでしょう。

駆動時間

駆動時間の半分が実際に使える時間と言われています。よって3.5時間は、使えそうです。半日使えるとは格安パソコンでも結構すごいですね。

USBについて

USB3は、USB2に比べて10倍の速度差があります。USB 3.0×1、USB2.0×2は、素晴らしいです。

まとめ:事務的な内容なら十分

タブレットで、業務をやるには、小さすぎて実質不可能です。これに対して、11.6インチパソコンなら、モバイルと実務の両方をこなせます。

ノートパソコンだと、マイクロソフトオフィスが入っていないのが痛手ですが、Office 365などを活用すると良いでしょう。

関連URL

【Miix 2 8まとめ】超軽量!超薄い!サクサク動作!超安い!

20131207r58

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加