13.3型PCの持ち運びに!縦型のバックインバックが便利 リヒトラブ スタンドポケット

スキーや林業をするときは、リックが必要不可欠です。

リックにパソコンを入れる場合は、縦型のバックインバックがあると便利です。

ちなみに写真は、横型のバックインバックです。

20160113r65

リックの人だけでなく、縦型のバックを利用している方も増えているような気がします。

こんな場合にも、縦型のバックインバックがあると便利です。

20160113r62
※MAXIMA ショルダーバッグより抜粋

縦型のバックインバックが重宝する

2015年度上旬から発売しているようです。

20160113r63

余談:横型のバックインバックも便利

2014年は、横型バックインバックがマイブームでした。

詳しくは、「13型PCと8型タブレットをお持ちの方へ!人気のバックインバック」を参照ください。

20140223r43

いつの間にか、コクヨ バッグインバッグにも縦型が登場しています。

2014年12月ごろ発売していたようです。

20160113r64

人気は、「コクヨ」から「リヒトラブ」へ

コクヨのバックインバックも便利ですが、似て非なるものです。好みもあるかと思いますが、リヒトラブの方が価格も安くて、しっかりしているように感じました。

どちらも「横型」と「縦型」をそろえており、「リヒトラブ」が後発です。

バックの中で

バックの中にいれると便利です。

20160113r69

取り出す場合は、こんな感じ

20160113r68

持ち運ぶ場合は、こんな感じ。

20160113r71

デスクの上で

机の上では、自立します。

20160113r67

収納物の「出し入れ頻度」にあわせて上下ポケットを使い分けると便利です。  20160113r70

リヒトラブバックインバックの特徴

自立可能なバッグインバッグです。ヨクヨのバックインバックは自立しません。

薄くして自立しない形で使うこともでます。その秘密は、底板にあります。

20160113r72

底板を入れることで自立が可能に

20160113r73

本製品の欠点

緩衝材がないこと。底と横にちょっとしたものがあるだけで随分違うと思います。

自分でプチプチ君などを準備しましょう。

まとめ:リヒトラブは、横型も縦型も優れた良品

いままで横型のコクヨを使っていましたが、本製品の登場によってコクヨの出番が少なくなります。初めからこの製品を買っとけばよかった。(当時、発売していなかったので無理な話ですが)

2016年2月21日追記

いろいろ模索した結果、車での移動の場合は、「折り畳み可能 なリュックサック Veevanpro backpack

の組み合わせが最強でした。

20160113r85

関連URL

13型PCと8型タブレットをお持ちの方へ!人気のバックインバック

20140223r43

大きさ自由自裁でポケットが豊富!OUTAD ミリタリー リュック30L

20160113r42

   このエントリーをはてなブックマークに追加