【追記】無料で出来る!既存のOS上でWindows 10を楽しむ方法【VMware Player】

2015年2月15日VMware Playerの起動方法およびアンインストール方法を追記しました。

--ここから--

Windows 8.1とWindows 10を同時に楽しみたい方もいるでしょう。
また、業務上、Office 2010とOffice 2013の両方動作を確認したい場合もあります。

そんな場合には、VMware Playerを使うのが一般的です。
尚、会社の場合には、Hyper-Vを利用してください。詳しくは、「Windows 8.1のメリットは、Hyper-V 拡張セッション」を参照ください。

20150131r46

必要環境

なぜか無償版のVMware Playerには、動作環境が書いてありません。

目安としては、空きメモリが4GByte以上、OSをインストールするためにHDD内に20GByte以上の空き領域があった方がいいでしょう。
※実際に使用したのは7GBでした。

VMware Playerのインストール

ダウンロード VMware Player 7.0からダウンロードをしてインストールしましょう。
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/7_0

20150131r48

ダウンロードが終了したら実行します。

起動画面「次へ」

20150131r49

「次へ」

20150131r50

「次へ」

20150131r51

「次へ」

20150131r52

「次へ」

20150131r53

「続行」

20150131r54

インストールが終了しました。「完了」をクリック。

20150131r55

インストールが完了すると、デスクトップ上に、「VMware Player」が登録されます。

Windows10インストール方法

「VMware Player」をダブルクリックし起動します。

20150131r56

さっそくWindows 10を利用しましょう。「新規仮想マシンの作成」をクリック。

20150131r57

インストールデスクを確認しています。「参照」をクリック。

20150131r58

先ほどの画面は、放置して、インストールに必要なISOファイルをダウンロードしまそう。ISOとは、CD(DVD)の内容を一つのファイルにしたものです。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-isoにアクセスし、「Japanes」配下のダウンロードをクリックします。私は、ファイルがコンパクトな32Bit版にしました。

20150131r59

ダウンロードが終了したら、ブラウザを閉じて、先ほどの作業の続きを実施します。通常、ダウンロードに保存されますので、そこにある「ISO」ファイルを選択し、「開く」をクリック

20150131r60

「次へ」

20150131r61

「次へ」最大60GBというとこですが、実際に使うのは、もっと小さいです。(インストール後、使用サイズを確認したら7GByteでした。インストールしたサイズだけリアルのHDDを使います。)

20150131r62

「完了」をクリック。

20150131r63

「後で通知をする」をクリック。

20150131r64

私の環境は、HDDではなくSSDのため、3分ほどでインストールが終了しました。(爆速です)。「次へ」をクリック

20150131r66

「今すぐインストール」をクリック

20150131r67

しばらく放置です。私の環境だと1分ほどでした。

20150131r68

「同意します」をクリックし、「次へ」を選択します。

20150131r69

今回は、新規にインストールするため、カスタムをクリック。

20150131r70

「次へ」をクリック。

20150131r71

しばらく待ちます。私の環境で次の画面まで4分程待ちました。

20150131r73

「簡単設定を使う」をクリックします。

20150131r74

Microsoftアカウントにサインインすると、自動的に同期されて綺麗なWindows 10環境ではなくなります。

また、非同期のままMicrosoftアカウントにサインインする裏技も存在します。詳しくは、「Windows 10 非同期設定のままMicrosoftアカウントを使い始める方法」を参照ください。

今回は、Windows 8と同期されていない綺麗な環境を手に入れるため、ローカルアカウントで実現します。

「新しいアカウントを作る」をクリック

20150131r75

下にスクロールします。

20150131r76

「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」をクリックします。

20150131r77

好きなユーザー名を入力し、「完了」をクリックします。

20150131r79

3分ほどで終了しました。

20150131r80

あとは、「インストールを完了しました」を押します。

20150131r81

より使いやすくなるツールをインストールします。

「Player」⇒「管理」⇒「VMWare Tools のインストール」をクリックします。

20150131r82

右下をクリックすると最速だと思います。やり方は、点線に

20150131r83

「Windows」+[R]を押して「D:\setup.exe」でもインストールできます。

20150131r85

「次へ」

20150131r86

「次へ」

20150131r87

「インストール」

20150131r88

「完了」

20150131r89

以上で終了です。存分にWindows 10を楽しんでください。

20150131r90

Windows 10の終了方法

お好きな方法で終了させてください。私のお気に入りは、Windows 8.1 Updateと同じく[Windows]+[X]⇒[U]⇒[U]です。最速です。

20150208r70

Windows 10の起動方法

仮想環境の場合は、「VMware Player」を起動します。

Windows 8.1の場合は、[Windows]キー を押して、スタート画面。そのままの状態で「vmware」と入力します。

おそらくvmと2文字程度を入力すると、表示されるため、クリックです。

20150208r71

あとは、OS名をダブルクリックして起動します。

20150208r72

VMware Playerのアンインストール方法

通常のアプリケーションと同じです。[Windows]+[X]⇒[P]でコントロールパネルを表示し、「プログラムのアンインストール」をクリックです。

20150208r73

「VMware Player」をダブルクリック

20150208r74

「次へ」

20150208r75

「削除」

20150208r76

「VMware Playerの構成」は、任意。自分は、元に戻したかったので残しました。

20150208r77

「続行」

20150208r78

「完了」

20150208r79

構成を消しても、「C:\Users\ユーザー名\Documents\Virtual Machines\」配下に仮想OSの情報が残ります。
必要に応じて消してください。

20150208r80

まとめ:安全に楽しもう

いきなりWindows 10を上書きインストールすると、既存のアプリケーションが動かなくなる可能性があります。

しかし、Windows 10であれば、簡単のOSに戻すことも出来ます。

また、今回紹介した方法であれば、2つのOSを同時に動かすことができるため、安全に新しいOSを楽しむことができます。

余談

SSD環境であれば、OSのインストールも5分で終わります。まだの方は、自己責任でどうぞ!爆速になりますよ。「HDD⇒SSDでもっさりパソコンを超快適にする!

512GByte 1TByte

関連URL

Windows 8.1 PROを使っている場合には、Hyper-Vがお勧めです。

Windows 8.1のメリットは、Hyper-V 拡張セッション

   このエントリーをはてなブックマークに追加