Windows 10で様々なOSを楽しむ【VMware Workstation Player】

Windows 7とWindows 8.1とWindows 10を同時に楽しみたい方もいるでしょう。
また、業務上、Office 2010とOffice 2013の両方動作を確認したい場合もあります。

商用目的でない場合は、VMware Workstation Playerを使うのが一般的です。
営利目的でなければ、無料で使うことができます。

対して会社の場合には、営利目的になりますのでHyper-Vを利用することが多くなります。
Hyper-Vを使うには、Windows 10 Proが必要ですが、多くの会社がHomeではなくProを所持しています。

詳しくは、「Windows 10で様々なOSを楽しむ【Hyper-V】」を参照ください。

20170107r219

必要環境

なぜか無償版のVMware Workstation Playerには、動作環境が書いてありません。

目安としては、空きメモリが8GByte以上、OSをインストールするためにHDD内に40GByte以上の空き領域があった方がいいでしょう。
※実際に使用したのは7GBでした。

VMware Playerのインストール

ダウンロード VMware Workstation Player』からダウンロードをしてインストールしましょう。

20170107r196

ダウンロードが終了したら実行します。

起動画面「次へ」

20170107r197

「次へ」

20170107r198

「次へ」

20170107r199

「次へ」

20170107r200

「次へ」

20170107r201

「インストール」

20170107r202

インストールが終了しました。「完了」をクリック。

20170107r203

インストールが完了すると、デスクトップ上に、「VMware Player」が登録されます。

Windows10インストール方法

「VMware Player」をダブルクリックし起動します。

20170107r204

初回は、非営利目的であるか否かを聞いてきます。メールアドレスを入力し、「続行」を押します。

20170107r205

「完了」

20170107r206

さっそくWindows 10の中に、仮想のWindows 7を構築しましょう。「新規仮想マシンの作成」をクリックします。
OSは、なんでも良いのですが、手っ取り早くWindows 7にします。

20170107r216

インストールデスクを確認しています。インストールディスクを持っている方は、「インストーラ ディスク」を選んでください。

私は、マイクロソフト公認のトレーナーであるため、ISO形式で「Windows 7 Professional」のファイルとライセンスを持っています。このISOイメージを使います。

尚、Windows 10のISOファイルの入手方法は、以下の通りです。ライセンスは、別途必要です。

Windows 10 インサイダープレビュー版

Windows 10 製品版

20170107r208

上記画面にて「このOSは簡易インストールを使用します」とのことで自動的にインストールをしてくれます。

プロダクトキーなど、必要はものを入力します。

Windowsは、パスワードを入力しないと使用できる機能が限定します。面倒でも設定します。

そして、「自動的にログオン」するようにします。

20170107r210

「次へ」最大60GBというとこですが、実際に使うのは、もっと小さいです。(インストール後、使用サイズを確認したら7GByteでした。インストールしたサイズだけリアルのHDDを使います。)

20170107r212

「次へ」

20170107r211

「完了」をクリックします。

20170107r213

別途ソフトウェアをインストールすると使い勝手がよくなります。「OK」を押しましょう。

20170107r214

上記のソフトウェアをインストールする作業です。「ダウンロードしてインストール」を選択してください。

20170107r215

以上で、インストール作業が終了しました。

いろいろ触ってお楽しみください。

20170107r217

仮想OSの終了方法

通常のシャットダウンと同じです。

仮想OSの起動方法

「VMware Player」を起動します。

20170107r204

あとは、OS名をダブルクリックして起動します。

20170107r218

VMware Playerのアンインストール方法

通常のアプリケーションと同じです。[Windows]+[X]⇒[P]でコントロールパネルを表示し、「プログラムのアンインストール」をクリックです。画面は、Windows 8.1のものですが、操作は同じです。

20150208r73

「VMware Player」をダブルクリック

20150208r74

「次へ」

20150208r75

「削除」

20150208r76

「VMware Playerの構成」は、任意。自分は、元に戻したかったので残しました。

20150208r77

「続行」

20150208r78

「完了」

20150208r79

構成を消しても、「C:\Users\ユーザー名\Documents\Virtual Machines\」配下に仮想OSの情報が残ります。
必要に応じて消してください。

20150208r80

まとめ:安全に楽しもう

以前は、遊びたいOSの数だけパソコンを準備する必要がありました。今は、仮想OSのおかげで1台のパソコンで様々なOSを楽しめます。

今回紹介した方法であれば、2つ以上のOSを同時に動かすことができるため、安全に新しいOSを楽しむことができます。

余談

SSD環境であれば、OSのインストールも5分で終わります。まだの方は、自己責任でどうぞ!爆速になりますよ。「HDD⇒SSDでもっさりパソコンを超快適にする!

512GByte 1TByte

関連URL

Windows 10で様々なOSを楽しむ【Hyper-V】

 

   このエントリーをはてなブックマークに追加