既存のOSをWindows 10 Insider Preview日本語版にアップグレードする

ついに2015年1月24日にタブレット用の日本語が提供開始

テクニカルプレビュー版ではありますが、Windows 10 日本語版が提供されました。発売まで9カ月ほどありますが、ここまで注目されるのも珍しいです。

Windows 10発売から1年間は、Windows 7/8/8.1、Windows Phone 8.1のユーザーに対して無償でアップグレードできることから、期待が集まっています。

20150131r109

Windows 10 発売までの流れ

テクニカルプレビュー デスクトップ・ノート版 2014年10月2日提供(日本時間)

テクニカルプレビュー タブレット・スマートフォン版  2015年1月24日土曜日 ★今ここ★

Windows 10パソコン発売 2015年7月29日

本題:既存のOSをWindows 10日本語版にアップグレードする

前回は、リスクの少ない「無料で出来る!既存のOS上でWindows 10を楽しむ方法【VMware Player】」を紹介しました。これなら、トラブルの発生するリスクが少ないのでお勧めです。

ただ、物理的に1台のパソコンに2つのOSを乗せるには、CPU・メモリ・HDDともに2台分の負荷がかかります。

快適に動くMiix 2 8であっても、2つのOSを動かす余力はないと思っています。

そこで、既存のOSをWindows 10日本語版にアップグレードします。

簡単に元に戻せるのは、Windows 7までと思われます。自己責任において実施してください。

戻す方法は、「【朗報】Windows 10からWindows 8.1へ簡単に戻すこともできる」を参照ください。

事前にリカバリディスクを作成する(任意)

元に戻す場合には、通常、SSD側にあるリカバリー領域で元に戻すことができますが、外付けのリカバリディスクでないと元に戻せない場合があります。

私は、以下を参照し、作成しました。

Miix 2 8 回復ドライブの作成方法と 約8GBの回復領域の削除について | prototype

また、戻すことが出来ることを以下を参照し、確認しました

「 回復ドライブ 」 の使用方法 ( Windows8.1 )mouse computer FAQ - アーカイブページ

操作方法

インストールファイルをダウンロードして実行します。「Start upgrade now」をクリックします。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-download

20150131r98

すると、以下のファイルがダウンロードされます。実行します。10MByteの小さなファイルです。

20150131r99

再起動を要求されますので再起動

20150131r100

「インストール」をタップします。

20150131r101

待つこと40分。表示されました。「開始する」をクリックします。

20150131r102

「同意する」をクリックします。

20150131r103

「今すぐ再起動」をクリックします。

20150131r104

待つこと13分起動しました。

20150131r106

最後に簡単設定を選んで終了です。

20150131r107

意外に、デスクトップ版と同じです。アップグレードのせいかも。

20150131r108

スタートボタンを押しても同じ

20150131r109

違いは、右エッジスワイプが使えること。これは便利。チャームではなく、この通知画面が表示されます。

下のところでタブレットモードに変更できます。

20150131r110

タブレットモードにするとスタートメニューからスタート画面に変わります。

20150131r111

まとめ:サクサク動く

Windows 10に変更することにより、より使いやすくなった印象です。

結構時間がかかるので、ゆとりのあるときに実施しましょう。私の場合は、1時間かかりました。

尚、Windows 8.1に簡単に戻すことも簡単にできます。詳しくは、「【朗報】Windows 10からWindows 8.1へ簡単に戻すこともできる」を参照ください。

関連URL

【朗報】Windows 10からWindows 8.1へ簡単に戻すこともできる

【新機能総まとめ】Windows 10日本語版がついに公開。無料

20150125r72

無料で出来る!既存のOS上でWindows 10を楽しむ方法【VMware Player】

20150131r46

   このエントリーをはてなブックマークに追加