Windows 10楽にインサイダープレビュー版をインストールする

Windows系に強い私のブログ。いち早く新しい機能を体験することが重要です。

インサイダープレビュー版をインストールすれば、来年の初めに提供される「Windows 10 Creators Update」で採用されるであろう機能をいち早く体験することができます。

いよいよBuild 15002の提供が開始されました。最新版であるBuild 15007でないのが謎ですが、嬉しい情報です。

 

「Windows 10 Creators Update」にすると、あのペイントが3Dになってしまいます(^^;)。コントロールパネルも、裏に隠れました。別途、詳しく記載します。

20161224r64

従来の方法だと、『Windows 10 Version 1607にてInsider Previewに参加する』になり面倒でした。

この方法なら、ダウンロードに1時間。インストールで5分で済みます。早速、体験しましょう。

Insider Preview Downloads』(英語)に移動します。

下の所から「Windows 10 Insider Preview - Build 15002」をダウンロードします。

20170107r21

いろいろあって悩みますが、以下の通りです。「Windows 10 Insider Preview」を選択してください。

Windows 10 Insider Preview - Build 15002

通常は、こちらを選びます。HomeやProを使うことができます。

Windows 10 Insider Preview Enterprise - Build 15002

大規模および中規模の組織のニーズに対応するために構築されており、IT管理者が必要とする管理ツールが付属しています。

一般的に大規模な企業にしか提供されておらず、一般販売されていません。

Windows 10 Insider Preview Education - Build 15002

一般的に学校にしか提供されないバージョンであり、一般販売されていません。

Windows 10 Insider Preview Home Single Language - Build 15002

新興市場の消費者向けに開発されたもので、単一の言語しか実行できません。日本では販売されていません。

Windows 10 Insider Preview ome China - Build 15002

中国は中国の消費者向けに作られており、中国語(簡体字)で提供されています。

ダウンロードしたら「DVDディスク」か「インストールUSB」を作成する

悲しいことに通常のDVD-Rだと4.7GBを超えていて駄目でした。

8.5GBまで書き込みができる、通称DVD-R DLをご利用ください。

インストールUSBの作り方は、後述します。

DVDへの書き込み方

Windows 7から標準でDVDに書き込みができます。Windows 10の画面ですが、右クリックし、「ディスク イメージの書き込み」でDVDファイルを作ることができます。

予めDVDドライブに新品のDVD-R DLディスクを入れてから、ISOファイルを右クリックしてください。

20161224r65

ISOファイルからインストールUSBを自作する方法

USBメモリがあればDVDディクスは不要です。

詳しくは、『ISOファイルからインストールUSBを自作する』を参照ください。

まとめ:今後は、ダウンロードしてインストールしよう

新しいやり方を知らずに、製品版から時間をかけて、インストールしていました。

こちらの方が、大幅に時間と手間を削減できます。

ぜひ、興味のある方はご利用ください。

関連URL

Windows 10 Version 1607にてInsider Previewに参加する

デバック用: FB:2 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加