簡単ですぐできる!windows 10 インストールDVD作成方法

DVDドライブをお持ちでない方は、「タブレットに必須!DVDドライブDVSM-PC58U2V」を参照ください。

Windows 10の提供がはじまり10日間ほど経過しました。Windows 8.1のように、一気にWindows 10になると思いきや、「このPCでWindows 10の準備が完了した」という通知がでなく自動アップグレードができない状態です。この自動通知が表示されるまで、人によっては1カ月程度かかりそうです。

既存のOSを、今すぐWindows 10したい方は「すぐできる世界一簡単な方法!既存のOSをWindows 10 製品版にアップグレードする」を参照ください。

簡単にできるメリットがありますが、この方法では、既存のOSからWindows 10に出来ても、自作パソコンなどで新規にインストールすることができません。

新規にインストールできるようにインストールDVDを作成しましょう。

ツールによって作成します。これから案内するツールには、ライティングソフトまでついています。

20150731r131

DVDによるインストールのメリット

主なメリットは二つ。「Windows 10を新規にインストールができること」と「ダウンロードしないためLTEのようにダウンロード容量に制限のある方や、比較的遅い通信環境の方は、DVDディスクを別環境であらかじめ作成することで回避できる」

  • 新規インストールができる
    ※クリーンインストールともいいます
  • アップグレードにも使える
  • DVDを使えばオフラインでインストールできる
  • 通常なら、3GB程度ダウンロードするがDVDを作成してしまえば不要

ツールによるアップグレード方法

ツールをダウンロードし、実行します。ツールは、「Windows 10 ダウンロード(マイクロソフトサイト)」から入手できます。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

20150718r123

該当するバージョンをクリックします。

自分がどちらのバージョンかわからない人は、64ビットバージョンから試してください。ツール(MediaCreationToolx64.exe)のサイズは、18.7 MBです。

20150731r22

(ご参考)上記画面にて間違ったバージョンを選んだ場合には、エラーメッセージ「セットアップを正しく開始できませんでした。PCを再起動して、Windows 10セットアップを再実行してください。」が表示されます。

20150731r138

「他のPC用にインストール メディアを作る」を選択し、「次へ」を押します。

20150731r129

言語は、日本語を選択。インストールしたいパソコンにあわせて設定します。「次へ」ボタン。

20150731r130

「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。

20150731r131

保存場所を確認し、適当な名前をつけて保存します。

20150731r132

ダウンロードが終了すると以下の画面になります。

DVDライターソフトもついています。「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします。

20150731r134

書き込み先を確認し、DVDディスクを入れます。

少し待ってから、「書き込み」を押します。

20150731r135

書き込んだDVDをパソコンに入れてみましょう。CDドライブ入れて、エクスプローラーを起動します。

DVDドライブを右クリックし、「メディアからのプログラムのインストール/実行」を選択します。

20150731r141

起動するまで少し待ちます。

20150731r139

今回は、DVDディスクが出来たことを確認することが目的のため閉じます。

20150731r140

まとめ:新規インストールや複数台のパソコンへの導入に有効

DVDによるインストールは、Windows Vistaからできる安定した方法です。

新規インストールに興味がある方は、DVDディスクを作成してインストールすると良いでしょう。

また、3GBのダウンロードは、DVD作成時の1回のみで済むため、複数台へインストールするときも有効です。

関連URL

【超速レビュー】わずか10分でインストール終了!Windows 10製品版

20150718r128

   このエントリーをはてなブックマークに追加