Windows 10新機能 仮想デスクトップを使いこなせ!

一つのパソコンで複数の業務をこなす時があるかと思います。

そんな時に、一つ一つのアプリを終了し、起動するのも面倒ですし、だからと言って、いろんな種類のアプリを起動して複数の業務をこなすと、アプリの切り替えが煩雑になります。

そんな時に活用して頂きたいのが仮想ディスクトップです。

仮想デスクトップを使えば、あたかも独立したデスクトップ画面のように扱うことができます。

20150821r13

 

仮想ディスクトップを追加する

「タスクビュー」をクリックし、新しいデスクトップを選択します。

20150821r09

目的のデスクトップをクリックします。

20150821r10

以上のように3回クリックしなくても、[Windows]+[Ctrl]+[D]で一気に新しい仮想デスクトップを作ることもできます。

仮想ディスクトップ間で移動する

「タスクビュー」をクリックし、「デスクトップ1」を選択します。

20150821r11

尚、[Windows]+[Ctrl]+[←]と[Windows]+[Ctrl]+[→]で仮想デスクトップを移動できます。

20150821r12

仮想デスクトップを終了する

タスクビューをクリックし、閉じるボタンをクリックします。

20150821r14

尚、[Windows]+[Ctrl]+[F4]でも同様に閉じることができます。

仮想ディスクトップで使用しているすべてのアプリをタスクバーに表示する

「設定」の「システム」から「マルチタスク」を選択し、変更できます。

20150821r16

「すべてのデスクトップ」を選択します。

20150821r15

Alt + TABキーのメニューにすべてのアプリを表示する

「設定」の「システム」から「マルチタスク」を選択し、変更できます。

20150821r17

「すべてのデスクトップ」を選択します。

20150821r15

まとめ:仮想デスクトップは、地味だけど使える!

どちらかと言えば、パワーユーザー向けの機能です。

使いこなせると便利ですね!

デバック用: FB:0 TW:0 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加