Windows 8とマウスの微妙な関係

Windows 8は、本格的にタブレット対応したWindows初のOSです。しかし、実際に使いこなす場合では、タッチスクリーンを使うことは多くありません。2つの例外を除いては、キーボードとマウスが中心になります。

例外1:ストレートPC

20130303b

ストレートPC(いわゆるタブレット)がありますが、キーボードがないため長文を入力するには適さなく、マウスを使わないため、画面上の小さなボタンを押すのも大変です。

Windows 8と言えども、キーボード・マウスを接続しない場合のストレートPCは、閲覧を中心とした使い方が中心となります。

例外2:初心者対応

20130303a

キーボードとマウスが必要と言いましたが、初心者にキーボードやマウスを使わせるのは大変です。小学1年生になるとマウスが扱え、また、小学3年生ぐらいになると、キーボードも使えるようになります。よって、それまでの間であったり、パソコンとは縁のなかった方にとっては、タッチスクリーンは大きなメリットがあります。

Windows 8は、微妙なOS?

閲覧用であったり初心者対応であるならば、Windows 8である必要はありません。iPad、iPhone、Androidでも十分です。よってマウスやキーボードを使わない、ちょっとした用途でのWindows 8は、微妙なOSとも言えます。閲覧程度の用途であるならば、タイル画面からモダンアプリを使えますが、Windows8のウリは、ちょっとした閲覧ではなく、使いこなすことにあります。

結局、キーボードとマウスは必要

使いこなすのであれば、キーボードマウスを中心に使うことになります。たとえ、タッチパネルが使えたとしても例外ではありません。なぜなら、タッチパネルで操作するよりも、キーボードやマウスで操作する方がすばやくできるからです。

ここで、iPadやAndroidにキーボードやマウスをつけるとどうでしょうか?確かに、文字の入力が速くなり、細かなボタンに対しても操作が可能になります。実は、ここにWindows 8を使う理由があります。iPadやAndroidは、使いこなすために必要なソフトがほとんどないんです。例えば、iPadやAndroidアプリケーションの開発は、パソコンで行いますし、ブログに必要な絵の編集に関しても、同様です。少しでも凝ったことをする場合は、Windowsしかないんです!(Mac、Linuxの選択も可)

なぜか基本操作とマウスの相性は良くない

本題に戻し、チャームを表示する場合

20130303c

キーボードは、[Windows]+[c]

タッチスクリーン・マルチタッチパットは、左エッジスワイプ
20130303f

マウスは、右上から下と、慣れた人であっても、面倒です。
20130303g

タッチスクリーン・マルチタッチパットがない場合が多いので、キーボードのショートカットを覚えることは、必須です。

これは、一例ですが、全般的にマウスの基本操作は、良くないです。

マウスとの微妙な関係を、改善する

この問題を解決する方法は、5つあります。

  • キーボードのショートカットをマスターする(推奨)
  • Windows8世代ノートパソコンのマルチタッチパッドを使う(あれば)
  • マルチタッチパッドを準備する
  • マルチタッチ対応マウスを使う
  • タッチパネル対応ディスプレイを使う
  • スタートボタンを追加する

それでは、順番に説明しましょう。

キーボードのショートカットをマスターする

ほとんどのパソコンで有効な方法で、しかも最速です。必須の4つのショートカットは必ずマスターしてください。

[Windows]+[c] チャーム表示
[Windows]+[i] 設定チャーム表示
[Windows]+[d] デスクトップ表示
[Windows]+[x] 管理者用メニュー表示
[Ctrl]+[Tab] スタート画面で、すべてのアプリケーション表示

Windows8世代ノートパソコンのマルチタッチパッドを使う(あれば)

Windows8世代のノートパソコンのほとんどは、マルチタッチパッドに対応しています。メーカーによって、若干の差はありますが、大体同じです。新型マルチパットの特徴は以下の通りです。

以前のOS Windows8世代
20130303d 20130303e
クリックは、左下ボタンのみ
認識は、1本指まで
タッチパットは、新世代と比較して小さい
パネル全体を押しても、カチっとクリックできる
5本指まで認識でいる
タッチパットは、旧世代と比較して大きい

2本指:スクロール
20130303h

3本指:進む・戻る
20130303i

マルチタッチパッドを準備する

デスクトップパソコンであったり、ノートパソコンがマルチタッチパッドでなかった場合、わざわざ、買いなおす必要はありません。タッチパッドを別途購入することで同じように使うことができます。マルチタッチパッドは、ロジクールのT650がとても評判が良いです。

ロジクールさんのサイトがわかりやすいので参照ください。

メーカーサイトへのリンク?|?T650のジェスチャー

楽天からT650を検索する

マルチタッチ対応マウスを使う

マウスでも同様のことができればいいのですが、どのマウスも慣れが必要なようです。人柱として試してもいいでしょう。T620が人気です。

メーカーサイトへのリンク | T620のジェスチャー | T610の動画

参考情報として、他3メーカのリンクを貼ります。

メーカーサイト

タッチパネル対応ディスプレイを使う

メーカーと製品が限られている点、と値段が割高になる点が悩みの種ですね。同じ値段なら高解像度の方がいいような気が...

タッチパネルではないですが、高解像度の方が良くない?
今どきのディスプレイについて

スタートボタンを追加する

スタートボタンを追加することで、この問題を解決できます。

スタートボタンを復活させる

スタートボタンが無くなったことにより、旧Windowsユーザーが初めてWindows8を操作したときに「アプリ起動」・「設定変更」・「シャットダウン」が従来と同じ操作で、出来なくなったのは、事実です。しかし、新しい操作をマスターすることにより、同等以上のスピードで同じことを実現できます。新しいOSに慣れて、より快適な環境を実現しましょう!

   このエントリーをはてなブックマークに追加