【Windows 8.1】「ディスクトップの表示」ボタンの大きさが変わった!

Windows 8からWindows 8.1になり、「ディスクトップの表示」ボタンの大きさが変わりました。詳細についてお知らせしましょう。

20140124r34

Windows XP時代

[Windows]+[D]を押すことにより、沢山開いたウィンドウを一気に閉じることができました。

[Windows]+[D]

20140124r27

Windows 7時代

Windows 7からは、XPのショートカットキーに加え、右下に、「デスクトップの表示」ボタンが追加され、クリックするだけで同様な操作を実現できるようになりました。

クリックするだけで、まとめて最小化

20140124r28

Windows 7には、超おせっかい機能があり、「デスクトッププレビュー機能」により、マウスを右下に偶然移動した際でも、半透明になってしまうため、とても健康に悪い欠点があります。

誰もが経験している半透明になってびっくりパターン

20140124r30

ちなみに、この問題も瞬時になおせます。右下で、右クリック。「デスクトップのプレビュー」のチェックを外す

20140124r31

Windows 8時代

Windows 7では、あれほど、ドキドキさせられた「デスクトップのプレビュー」がWindows 8から初期時で外れています。これは、地味でとても良い変更です。

Windows 8から変更の必要なし

20140124r32

Windows 8からWindows 8.1の変更点

なんと、大きさが変わっています。なぜだろう。海外サイトを調べましたが、見つかりませんでした。

Windows 8は、15px Windows 8.1は、8pxでした。

20140124r33

まとめ:パソコンを極めるなら、小さなことも覚えよう!

ちょっとしたことですが、みなさんいかがでしたでしょうか。知ることは、楽しいですね!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加