Windows 8.1超基本!チャームを表示する

対象OS:Windows 8.1,Windows 8.1 Update 1

Windows 8.1および、もうすぐ公開される「Windows 8.1 Update 1」の難しいところは、タッチパネル・マウス・キーボードの3パターンを覚える必要があることです。

チャームとは

Windows 8から使用できる基本的な操作を行うメニューのことです。チャームまたは、チャームバーといいます。

20140322r48

チャームバーでできること

説明
20140322r55  「検索」チャームを表示します。

この検索は、様々なアプリと統合されています。

20140322r56  「共有」チャームを表示します。

この共有も様々なアプリと連携できます。

20140322r57 接続されている機器を設定変更できます。
20140322r58 スタート画面やデスクトップのカスタマイズができます。

スタート画面のチャームとデスクトップ画面のチャームでは出来ることが違います。

チャームの語源

日本語では、「チャーム」とは、あまり言わず、チャーミング・チャームポイントと言うことばで使います。「魅力的な」が語源です。

困ったことにチャームに関しては、タッチパネル・マウス・キーボードがそれぞれ操作方法が異なります。困ったものです。

タッチパネルの場合

ノートパソコンの場合は、人差し指

20140322r45

タブレットの場合は、親指

20140322r47

上手く出来るとチャームが表示されます。

20140322r48

チャームを閉じたいときは、空いているところをタップ

20140322r49

マウスでの操作

マウスカーソルを右上か、右下に移動します。半透明なチャームが表示されます。

20140322r50

最右側にキープしたまま真ん中に持ってきます。大げさに言うと右上にもっていくようなイメージ。

するとチャームが表示されます。

20140322r51

キーボードの場合

[Windows]キー押しながら[C]を押します。

20140322r54

チャームが表示されます。

20140322r53

各チャームへのショートカット

ショートカットキー
20140322r55 [Windows]+W 設定の検索チャーム

[Windows]+F ファイルの検索チャーム

[Windows]+すべての場所の検索チャーム

20140322r56 [Windows]+[H]
20140322r57  [Windows]+[K]
20140322r58 [Windows]+[I]

まとめ:Windows 8シリーズは、チャームから始まる

実は、チャームからほとんどの設定ができるようになっています。「設定チャーム」内の各項目を、ぜひ見てください。

関連URL

Windows 8.1超基本!デスクトップ⇔モダンUIの各デバイス操作

   このエントリーをはてなブックマークに追加