Windows 8.1からヘルプが追加

Windows 8.1は、Window 8の完成形だと思います。Windows 8に使いやすさを意識した製品です。初めてWindows 8.1を使うと、以下のように「ヘルプ+使い方」がわかりやすい位置に表示されます。このヘルプは、Windows 8.1から新規に追加されたものです。

20131031

クリックすると、マイクロソフトにしては、わかりやすい説明が表示されます。これは期待できるカモ。

20131031r2

スタート画面とアプリ

期待をしてクリック。すると、横スクロールに、中途半端な縦スクロール。恐ろしく使いにくい。しかも内容が、イマイチ

20131031r4

新機能

おおぉ!っと期待してクリックしましたが、残念な内容。知りたいことが一切かかれていない。

20131031r3

例えば、「パーソナル設定:スタート画面のタイル サイズ、配色オプション、背景を設定します。」これって前からありました。説明するならこうでしょ!

説明例)タイルの大きさを4段階に変更できる

タイルを右クリックすることで、「大」「広い」「中」「小」の4段階に調整できます。

20130727z

メニューの表示方法

このヘルプ画面で右クリックするとメニューが表示されます。収まらないと横スクロールが発生。

20131031r5

まとめ

説明する姿勢は良いですが、マイクロソフトらしくわかりにくいです。

原因は、以下のとおりです。

  • ユーザーが期待することが一切かかれていない
  • 横スクロールと中途半端な縦スクロール
  • 印刷してみることもできない

より使いやすくストレスフリーを目指して頂きたいですね!

最初に書いたように、使いやすさを意識したことは、重要です。意識しないと改善することは、ありませんから!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加