Windows 8.1 日本語版を英語表示にする

Kindle for PC日本語版が、提供されて1カ月。いろいろ調査した結果、英語なら普通にコピペできることが判明しました。

Windows 8.1なら簡単に日本語から他の言葉に変更できるため、実施方法を記載います。

他の言語にすると、英語やその他の言語を学ぶきっかけにもなりますし、Kindle for PCが直接コピペできるような副産物も存在します。

早速実施しましょう。

20150217r416

実施方法(日本語版Windows8.1を他の言語表記にする)

[Windows]+[I]で設定チャームを表示し、「PC設定の変更」を押します。

20150217r32

「時刻と言語」を選択します。

20150217r33

「地域と言語」を選択し、「言語を追加する」を押します。

20150217r35

139言語から選択できます。今回は、「英語」を選択します。
英語を選択しても、英語の中から、様々な地域が表示されます。私は、「英語(米国)」を選択。

20150217r36

そのままだと、日本語が中心の扱いですし、必要な言語パックがダウンロードされません。この二つを実施しましょう。

「English」を選択します。

20150217r37

「主に使用する言語をに設定する」を押します。これで格上げされます。

あとは、言語パックのインストールです。

20150217r39

今度は、オプションをクリックします。

20150217r413

そしてダウンロードを押します。

20150217r412

ダウンロードが終わるまで待ちます。

20150217r414

「次回のサインイン以降に表示言語となります」を確認し、[Windows]+[X]⇒[U]⇒[I]でサインアウトします。

20150217r415

サインインすると様々なところが英語に変わっています。

20150217r416

この状態でKindle for PCを使うと、普通にコピペができるようになります。

20150217r26

   このエントリーをはてなブックマークに追加