Windows 8.1 最近使ったファイルを表示する

Windows 8.1で最近使ったファイルを探したいことがないでしょうか。
実は、簡単に追加することができるんです。

120140309r78

とにかく早く探したい!

そんな方は、[Windows]+[R]⇒「recent」と入力してください。

詳しくは、こうです!

[Windows]+[R](ファイル名を指定して実行のショートカット)

120140309r70

そして、「recent」と入力し、「Enter」

120140309r71

すると最近使ったファイルを見つけることができます。

120140309r73

「recent」とは、「最近の」という意味で、このrecentコマンドは、Windows XP以降で使うことができます。

再度、見たいときは、[Windows]キー+[R]⇒[Enter]

えっ簡単じゃない?

そんな方に! 先ほど登録したファイルのショートカットを作成しましょう!

アイコンをデスクトップにドラックします。

120140309r74

すると、ショートカットがコピーされます。名前がかっこ悪いため、右クリック⇒「名前の変更」。「最近使った項目」が正しい名前のようです。

120140309r72

あとは、右クリックしてスタート画面に表示することができます。

120140309r75

確認のため、スタート画面に移動します。好きな方法で移動しましょう。[Windows]キーを押すなど。

「最近使った項目」が登録されるのは、一番右下です。マウスの中ボタンを下へグリグリして右側を表示。そして好きな場所へドラック

120140309r76

これで次回から瞬時に使うことができます。

120140309r77

従来の「スタート」ボタンを復活させれば、今までどおり、「最近使った項目」を表示できます。

フリーソフト Windows8.1のスタートメニューを復活【Classic Shell 編】

を参照ください。

120140309r80

まとめ:recentを使って快適に!

ちょっと前に保存したファイルの場所を忘れることは、よくあることです。また、周りの人が困っていることも、よくあることでしょう。本コマンドをマスターして、快適な環境を手に入れてください!

   このエントリーをはてなブックマークに追加