【操作方法】Windows 8.1 スタートメニュー相当が復活

Windows8.1からスタートメニュー相当の物を表示することができるようになりました。

使用頻度順

20130630a

インストール日順

20130630

カテゴリ順

20130629c

昔の方が使いやすいような気がしますが、ないよりもましです。

操作方法

スタート画面から、[Ctrl]+[Tab]。するといつものアプリ一覧が表示されます。

20130630e

そして、アプリ右側の下向きアイコンから選ぶだけです。

20130630c

20130630d

これで、説明した3タイプを選択できます。また、Windows8.1から新規にインストールしたアプリケーションがわかりやすくなっています。

20130630f
「新規」と表示される。

アプリ画面を最初に表示させる

カスタマイズすることにより、スタート画面ではなく、アプリ画面に移動することもできます。

デスクトップ画面からタスクバーを右クリックし、[プロパティ]を選択

20130629n

「ナビゲーション」タブを選択し、「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れる

20130630g

これで、スタート画面ではなく、アプリビューを前面に持ってくることもできます。

また、カテゴリ別に表示するとき限定ですが、デスクトップアプリを最初に表示することができます。

20130630h

設定して、移動した画面

20130630h

まとめ

このアプリビューに関しては、改善の余地があるかと思います。知っていると便利な時がありますので、インストールしたアプリを探したいときなどに利用ください。

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加