タッチパットを使いこなせ!Windows 8.1 ノートパソコン編

ノートパソコンを使用している方も増えています。そんな方にぜひ使いこなして頂きたいのが、タッチパットです。

20140506r00

現在、タッチパネルを搭載したパソコンが増えています。直接触れてとても便利ですが、私のように0.1秒でも早く操作したい方にとって、キーボードからタッチパネルまで指を動かく操作は、大きなタイムロスになります。

チャームを表示する

ほとんんどのメーカーで、右エッジスワイプです。

20140506r02

アプリバーを表示する

上エッジスワイプです。

20140506r03

アプリバーが表示されます。

20140506r05

アプリを切り替える

直前のアプリと切り替えることができます。直前のモダンUI(全画面表示)と切り替えることができます。

20140506r06

クリックする

タッチパットの部分は、物理的にもクリックできるようになっています。直接押して、カチって音がでることを確認しましょう。

20140506r07

2本指でスクロール

なれると便利です。SH90/Mの場合、ファームウェアとドライバが最新でないとスムーズに操作できません。

20140506r08

音量調整

3本指の上下で音量調整。知っていると便利でしょう!

20140506r09

戻る/進む

3本指の左右で戻る/進む。これよりは、Alt+左右の方が早いかな。

20140506r10

まとめ:使いこなすと強い味方

パソコンの基本操作ですが、皆さんは、どこまでご存じでしたでしょうか?

2本指以上は、パソコンによって動作が異なります。しっかりマイクロソフトで統一してほしいですね!

関連URL

Windows 8.1超基本!チャームを表示する

Windows 8.1超基本!シャットダウンの各操作

   このエントリーをはてなブックマークに追加