Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」が搭載~パスワード代わりに虹彩や指紋で認証~

本日の、大きなNEWSと言えば、「Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」が搭載~パスワード代わりに虹彩や指紋で認証~」でしょう。

情報元:Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」が搭載 ~パスワード代わりに虹彩や指紋で認証 - PC Watch

20150312r101

PC Watch記事

Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」が搭載

米Microsoftは17日(現地時間)、Windows 10に生体認証機能「Windows Hello」を実装すると発表した。

Windows Helloは、パスワードの代わりに、指紋や、顔、虹彩といった生体情報を使ってユーザーの認証を行なう。これによって、長いパスワードを多数覚えるといった煩雑さから解放される。

指紋認証については、従来のセンサーが利用可能顔や虹彩については、写真をユーザー自身と誤認することを防ぐために、赤外線センサーを内蔵する特殊なカメラを利用する。これについては、Intelの「RealSense 3Dカメラ」が対応する。

認証は、Windowsへのログオンだけでなく、対応する各種Webサイトやサービスにも活用可能。生体情報はデバイス内部に保存されネットワークには流されないため、パスワードを使うよりもセキュリティを向上できるという。

オリジナル記事を見た方が良いかも

PC Watch記事では説明が少ないため、オリジナル記事を見た方が良いかも

http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2015/03/17/making-windows-10-more-personal-and-more-secure-with-windows-hello/

Windows 8.1にも指紋認証ログインがあるが

詳しくは、「【Windows 8.1】超快適!指紋認証によるログイン」を参照ください。Windows 10は、もっと踏み込んで「Passport」に対応していること。

20140401r44

まとめ:iOSの指紋認証への対抗か

Windows 10は、プライドを捨てて他のマネゴトをしています。例えば、OSのアップデートを無料にする。インターフェースを、スマホのようにするなど。この手法は、Windows 95時代、MAC OSをとことんパクったことを思い出させます。

いずれにしてもユーザーが使いやすくなることは良いことです。「Windows Hello」に期待します。

   このエントリーをはてなブックマークに追加