【Windows 8.1基本操作】プロジェクター表示⇔マルチスクリーン

Windows XP時代は、様々な方法でプロジェクターに表示をさせていました。

  • [Fn]キー+[F10]
  • Intel独自のソフトウェアーで表示
  • OSの機能で表示

Windows 7からは、スマートな操作で実現できます。

3つの方法をご紹介

  • ショートカットキー[Windows]+[P]を使う方法
    (Windows 7以降可能)
  • きめ細かく設定する方法(Windows XP以降可能)
  • Windows 8.1からの新操作方法

20131111r509

ショートカットキー[Windows]+[P]を使う方法

[Windows]キーを押しながら、[P]のキーをおします。そのあと、実現したいところをクリックです。

PC画面のみ:プロジェクターなどに表示させたくないとき

複製:主にプロジェクターに表示させたいとき

拡張:マルチディスプレイで使いたいとき

セカンドスクリーンのみ:使いどころがないような...。あえて記載するなら、消費電力を少なくしたいとき。焼付が発生するようなプラズマディスプレイを使っている場合

Windows 8.1の場合(Windows 8含む)

20131111r500

スタート画面でも操作可能

20131111r501

Windows 7もできます。

20131111r502

きめ細かく設定する方法

XPから使えます。XPの場合は、機種によって操作が異なる場合もあります。Vista以降であれば、以下の操作で大丈夫。

デスクトップで右クリック⇒「画面の解像度」を選択します。

20131111r504

2台つながっていると以下のように(1)(2)と表示されます。それぞれの番号をクリックして、解像度や向きを設定します。まだ、2台目のディスプレイをどのように使うかも設定できます。

20131111r503

Windows 8.1の新機能、チャームからの設定

Windows 8だとできない方法です。

[Windows]+[I]で設定チャームを表示します。

20131111r506

PCとデバイスをクリックします。

20131111r508

「ディスプレイ」をクリックします。すると、いままでと同じようにきめ細かく設定することも、できます。

20131111r507

まとめ

Windows 7からできる操作にも関わらず[Windows]+[P]を使っている方は、少ないように感じます。ぜひ、気が向いたときに新しい設定方法にチャレンジしてください。

また、Windows 8.1からできる設定方法も紹介させて頂きました。見た記念に(?)操作してみてはいかがでしょうか。XPから出来る操作と比べどちらが心地よいか、感じ取って頂ければ幸いです。

関連URL

【Windows 8.1基本操作まとめ】Windows 8.1をWindows 7以上に使えるようにする

Windows 8.1 新機能まとめ

   このエントリーをはてなブックマークに追加