Windows10 ソフトウェアのアンインストール方法について

Windows10 Creators Updateからコントロールパネルの起動が難しくなりました。

詳しくは、『【Windows10 Creators Update】コントロールパネルを表示する方法』を参照ください。

今どきのアンインストール方法について執筆します。

操作方法について

スマホでは、長押ししてアンインストールする方法が一般的です。

Windows 10も同様に長押ししてアンインストールできるようになりました。

「長押し」と同等の操作は、右クリックになります。

スタートボタンをクリック

[Windows]キーまたは、Windowsマーク(スタートボタン)をクリックします。

 

アンインストールしたいソフトウェアで右クリックをします。今回のように「TeraPad」フォルダーになっている場合は、フォルダーをクリックしてから、対象のアイコンを右クリックです。

 

アプリケーションを探すのは疲れます。そこで何文字入力すると導きだすことができます。

[Windows]キーを押したあと、「Terapad」と入力します。通常は一文字ぐらい(T)で導きだせます。

2007年のWindows Vistaから採用された操作です。覚えておきましょう。

 

アンインストールをクリックしたところから続きを説明します。

 

デスクトップアプリは、いきなりアンインストールしません。

「プログラムと機能」ウィンドウが開きましたので、続きは従来通りの方法で、アンインストールします。

まとめ:アンインストール方法も変わった

無理やり、昔の方法でアンインストールをしようと思っても、ぎこちないです。

ぜひ、今どきの方法をマスターしてください。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加