Windows 8.1上でWindows 10を楽しむ方法【Hyper-V】

私がWindows 8を利用する最大のメリットは、Hyper-Vです。Windows 8.1からHyper-V拡張セッションが利用可能になり、より便利になりました。

通常、Windows Vista/Windows7/Windows 8/Windws 8.1を準備するには、5台のパソコンが必要ですが、Hyper-Vを使うことで、1台のパソコンで同時に起動できます。

また、Windows Serverを学ぶときも、10年前は、物理サーバーを準備していましたが、今はHyper-VかVMWareを利用して行うのが一般的です。OSや仮想がソフトが違っても実施方法は、ほぼ同じです。

早速、Windows 8.1上でWindows 10を楽しむ方法について記載しましょう。

20131106k

Hyper-Vのメリット

VMware Playerと違って、本格的な仮想化が可能です。以下のメリットがあります。

  • 商用利用可能
  • 複数OS同時起動可能
  • チェックポイントの作成可能
    (任意の状態に戻せる)

Hyper-Vのデメリット

Windows 8.1 Pro以上のエディションが必要
※Windows 8.1の方は、Microsoft Windows 8.1 Pro Pack with Windows Media Center (Windows 8.1からWindows 8.1 Pro)を導入ください。
現在のバージョンのまま利用したい方は、「無料で出来る!既存のOS上でWindows 10を楽しむ方法【VMware Player】」を利用ください。

仮想ネットワークの構築など、VMware Playerより専門的な知識が必要

私の環境。2013年10月7日時点

1920x1200の横置きと1920x1200の縦置きで使用していました。今は、もっと凄いです(笑)

20130904d

事前知識

Hyper-Vを使うには、Windows 8.1 Pro以上のエディションが必要です。

[Windows]+[Pause]キーで「システム」ウィンドウを表示し、バージョンを確認ください。

20131106j

操作方法

以前は、Hyper-Vを使うために、BIOSの設定を行っていました。今どきのパソコンは、初期値で有効になっています。BIOS設定は、別の機会に説明するとして、Hyper-Vを有効にする方法を記載します。

[Windows]+X⇒Pでコントロールパネルを起動し、[プログラム]をクリックします。

20131106f

[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。

20131106g

Hyper-Vにチェックをつけます。
※以下のようにならないときは、BIOSの設定が必要です。

20131106h

メッセージに従い再起動をします。

20131106i

Hyper-V マネージャー起動方法

[windows]キーを押して「hy」と入力します。すると、必ずHyper-V マネージャーが表示されますのでクリックします。

20131106c

Hyper-V マネージャーが起動されます。

20131106d

仮想ネットワークを作成しよう

仮想OS上でネットワークと使うには、VMWareとは違って自分で仮想ネットワークを作成する必要があります。

「仮想スイッチマネージャー...」をクリック

20150216r00

外部を選択されていることを確認し、「仮想スイッチの作成」をクリックです。

20150216r01

適当な名前をつけます。ここで重要なのは、有線か無線かです。物理的なネットワークを指定します。慎重に選んでください。(次の画像も参照ください)。選んだら「OK」ボタン

20150216r02

(補足)物理ネットワークの名前をみて有線か無線がわかるようになりましょう。パソコンにより違います。

20150216r03

記載のとおりです。「はい」

20150216r04

Windows 10をインストールしよう

「新規」⇒「仮想マシン」

20150216r05

「次へ」を選択

20150216r06

適当な名前をつけて「次へ」

20150216r07

お好みで。間違えると起動すらしなくなるので、意味を理解できないなら「第1世代」が無難です。

20150216r08

1024MB以上を割り当てましょう。起動メモリ少ないと仮想OSのスピードが若干遅くなります。

20150216r09

先ほど入力した名前を選択します。「次へ」

20150216r10

「参照」をクリック。

20150216r12

先ほどの画面は、放置して、インストールに必要なISOファイルをダウンロードしまそう。ISOとは、CD(DVD)の内容を一つのファイルにしたものです。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-isoにアクセスし、「Japanes」配下のダウンロードをクリックします。私は、ファイルがコンパクトな32Bit版にしました。

20150131r59

ダウンロードが終了したら、ブラウザを閉じて、先ほどの作業の続きを実施します。通常、ダウンロードに保存されますので、そこにある「ISO」ファイルを選択し、「開く」をクリック

20150131r60

無事、選択ができたら、「次へ」

20150216r13

最終確認です。「次へ」

20150216r11

「完了」

20150216r14

仮想マシンを起動します。ダブルクリック

20150216r15

電源ボタンをおします。

20150216r16

あとは、ひたすらインストール。「次へ」

20150216r17

「今すぐインストール」

20150216r18

「同意します」を選択。「次へ」

20150216r19

新規なので「カスタム」を選択

20150216r20

「次へ」

20150216r21

「簡単設定」

20150216r22

メールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」
※Windows 10から、直接マイクロソフトアカウントにログインしても、USER配下のフォルダ名が2バイトになったり、不適切な文字列になることはありません。

20150216r27

ここが最大のポイント。「後で行う」を選択。同期を回避します

20150216r24

「次へ」

20150216r25

以上で、Windows 10のインストールが終了しました。

20150216r26

同期設定を任意に変更しよう

現在同期は、保留の状態です。これから任意に同期設定を変更しましょう。

そのため、通知領域を押します。

20150202r21

「All settings」を押します。

20150202r22

同期の設定は、「アカウント」です。押します。

20150202r23

「同期の設定」から「同期の設定」をオフにします。
※ここではオフにしましたが、任意に設定してください。

20150202r25

最後に本人確認を実施しましょう。「お使いのアカウント」から「確認する」を押します。

20150202r26

あとは、ご自分のメールアドレスを入力して「次へ」

20150202r27

メールが到着します。

From: Microsoft アカウント チーム <account-security-noreply@account.microsoft.com>
To: <test@pcmanabu.com>
Subject: Microsoft アカウントのセキュリティ コード
----Microsoft アカウント te*****@pcmanabu.com には、次のセキュリティ コードをお使いください。セキュリティ コード: 1234567お客様がこのコードを請求していない場合は、このメールを無視しても問題ありません。他のユーザーが誤ってお客様のメール アドレスを入力した可能性があります。サービスのご利用ありがとうございます。
Microsoft アカウント チーム

メールのコードを入力します。

20150202r28

以上で、終了です。

マイクロソフトアカウントで綺麗な環境を手に入れることができました。

20150202r29

 

まとめ

Hyper-Vは、スキル向上の大きな一歩です。Windows 8.1 Proをお持ちの方は、ぜひお試しください。

関連URL

【新機能総まとめ】Windows 10日本語版がついに公開。無料

20150125r72

Windows 8.1 新機能まとめ

   このエントリーをはてなブックマークに追加