Windows 8.1からの新機能 高DPI対応(Retinaディスプレイ対応)

まだまだ、紹介していないWindows 8.1新機能があります。今回は、高DPI対応(Retina対応)について記載します。

20131118r1

Retinaは、Apple製品のみで使える単語ですが、広く浸透したので理解しやすいと思い表現しています。

一般的には、

  • 高精細ディスプレイ
  • 超解像度ディスプレイ
  • 高DPI

など、様々な表現がありますが、一番初めに実用化したRetinaディスプレイが一番普及しています。

Retinaディスプレイとは、アップルがiPhone 4で初めて採用した独自の高精細ディスプレイの名称。アップル製品だけに使えます。よってWindowsで使うのは誤りです。

基本のきほん:解像度(ppi)とは

いままでのディスプレイは、72ppi。印刷物は、300ppiが一般的でした。

ホームページ上にある地図を印刷したり、画像の文字を印刷するとカクカクした経験のある方は、多いかと思います。目でみるときに重要なのが、解像度です。一般的なディスプレイだと、解像度の字は、以下のように見えているかと思います。

10ポイントのフォント

20131118r2

高精細なディスプレイだと、同じ10ポイントの文字でも、このように情報量が全く違いします。

20131118r3

ここ1年以内に発売したスマートフォンやタブレットは、印刷物並に高精細(300PPI以上)になっています。

高精細にしただけど、字が米粒になる!

ディスプレイを高PPIにしただけでは駄目です。そのままでは、字の大きさが1/4になってしまいます。もし、倍のPPIになった場合は、字の情報量を縦横それぞれ倍、従来の4倍にすることで、同じ大きさで綺麗な文字を表現できます。

文字のサイズを変える機能が、Windows 8.1になって採用

Windows 8.1が対応したことで、あとは利用するディスプレイが高精細なものを利用することで、スマートフォンやタブレット並に綺麗な文字を参照できます。

事前準備

高精細ディスプレイが必要です。今なら、Surface 2,最新モデルのFujitsu SH,SONY VAIO Pro 11/13,NEC?LaVie?Zなどなどです。

13インチで、2560x1440ドット(226DPI),10インチで1920x1080(220DPI)が、高精細ディスプレイにあたります。従来の4倍程度の情報量があります。

1024x768だと

灰色になって変更できません。1920x1080ならできました。

20131118r4

操作方法

デスクトップで右クリック⇒「画面の解像度」を選択します。

20131111r504

「テキストやその他の項目の大きさの変更」をクリック

20131118r5

任意の大きさに変更します。

20131118r6

補足

上記の画面の下の部分に書いてあるように「一部の変更は、次回PCにサインインするまで適用されない場合があります。」とのことで、心配の方は、再起動させましょう。

同じ解像度でも、ずいぶん変わります

「大きくする」の場合

文字は、綺麗になりますが、ビットマップ系の画像は、荒く感じます。

20131118r7

「小さくする」の場合

綺麗ではありますが、字や画像が小さすぎて、13インチのディスプレイでは、読めたものではありません。27インチのディスプレイに接続し、表示すると、いい感じです。

20131118r8

高精細ディスプレイの歴史

西暦 大きさ PPI
2010年6月 iPhone 4 3.5インチ 326ppi
2011年6月 GALAXY S II 4.24インチ 207ppi
2012年3月 iPad (第3世代) 9.7インチ 264ppi
2012年5月 GALAXY S III 4.8インチ 306ppi
2013年5月 Galaxy S4 5インチ 441ppi
2013年10月 Fujitsu SH 13インチ 226ppi

まとめ:パソコンへの普及は、まだまだこれから!

パソコンの高精細ディスプレイは、ついに始まったばかりで一部の機種に限られます。ただ、1年後、2年後に普及することは、必至です(おそらく)。もっと普及するといいですね。

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加