Windows8.1 便利になったスナップ表示

スタート画面のアプリケーションのことを、Windowsストアアプリといいます。

※従来のアプリケーションは、デスクトップアプリ

Windowsストアアプリで、二つのアプリケーションを表示することをスナップ表示(Snap View)といいます。

20130627x

Windows8までは、中途半場なサイズしか、マルチ画面で表示することができませんでした。Windows8.1から自由なサイズ(横幅のみ)にできるようになりました。やっとAndroidのマルチウィンドに追いついた形です。

(参考情報)Windows8の制限

20130711n

Windows 8.1では、横幅の制限もなくなりました。Snap viewも自由なサイズに変更可能

操作方法

スタート画面から好きなアプリを起動します。

20130711i

そして、左側もしくは右側で、下にスライド。中央ではなく、端でするのがコツです

20130711j

このように左半分になる。右側をクリック

20130711k

好きなアプリをクリック

20130711l

これで完成です。

20130711m

尚、キーボードが好きな方は、Windowsストアアプリ起動後、[Windows]+[.]を押してください。

Windows8とは違い、アクティブウィンドウが変わります。

20130711o

逆が[Shift]+[Windows]+[.]です。

そのあと、[Windows]キーを押しながら、[←][↑][→]で、左半分・全画面・右半分そして[↓]で閉じるとできます。デスクトップアプリと共通の操作になりました。

デスクトップアプリの場合は、[Windows]+[↓]は、閉じるではなく、最小化

[Windows]+[←]

20130711p

[Windows]+[↑]

20130711r

[Windows]+[→]

20130711q

[Windows]+[↓]

20130711s

3画面以上の表示は、Windows 8.1 ウィンドウズストアアプリが、マルチモニターに対応!を参照ください。

まとめ

Windows8.1になって、大幅に使いやすくなっています。今年末には、提供されます。Windows8の方は、無料で実施できますので、もう少し待ちましょう。

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加