Windows8.1 スタートチップ機能

Windows8.1では、モダンアプリ版スタートメニューとも言える「スタートチップ」が搭載されました。

20130629

画面ショットを見て、従来のスタートメニュー相当の物だと思ったのですが、単なるモンダアプリのタスク切替です。Windows 8の[Ctrl]+[TAB]と同じです。

操作方法

事前に、複数のモダンアプリを起動してください。

20130629b

「スタート画面」または「デスクトップ画面」で、マウスを左下でポイントする

20130629d

すると、スタートボタンや、枠が表示されます。

20130629e

カーソルを上へ

20130629f

すると「スタートチップ」が表示されます。実行しているモダンアプリだけが左に表示されます。

20130629

スタートボタンをクリックすると

20130629h

スタート画面に戻る残念な結果に

20130629i

もう一度、左下にしてクリックすると

20130629j

前のアプリケーションに戻ります。実に残念

20130629k

まとめ

左下の[スタート]を見て、[スタート]ボタンかスタートメニューかと思ったのですが、単なるタスク切替です。[スタート]ボタンをクリックすると、[スタート画面]⇔[モダンアプリ]が交互に切り替わるだけと、残念な結果でした。

Windows8.1になって、新しい操作も増えています。どんどん覚えて使いこなしていきましょう!

関連URL

   このエントリーをはてなブックマークに追加