【iOS12注目機能】「ショートカット」で自宅や職場へ一声で案内させる

iOS12の注目機能として「ショートカット」があります。

キーボードマクロのように、一連の動作を自動化する機能です。

IT機器を使いこなす上級者には必須の機能と言えるでしょう。

Siriと連動しているため登録してしまえば、音声でショートカットを呼び出すことも出来ます。

 

様々な作業を自動化できる

「ショートカット」は、もともと「Workflow」アプリとして存在していました。

アップル社が買収したことにより本アプリが注目されました。買収しただけあって、アプリの実力は凄いです。URLを「選択」⇒「コピー」⇒「ペースト」⇒「URLの短縮」⇒「シェア」など様々な処理を自動化できます。

今回は、「職場への経路」一声で案内させる

今回は、職場が白馬村役場と過程して説明します。

「職場への経路」一声でGoogleマップを使って案内させるように設定します。

「ショートカット」アプリをインストールするべし

「ショートカット」アプリはインストールされていません。まずはインストールしてください。

ショートカット

無料
posted with ポチレバ

基本画面

最初は、何もないのであっさりしています。

ギャラリーをタップしましょう。

 

ギャラリーには、ショートカットの雛形 or ウィザードとも言えるものが備わっています。

ショートカットをマスターするには、何かをする必要がありますので「自宅へ経路」を選択しましょう。

 

「必須ショートカット」だけでも沢山あります。「すべて表示」も時間のあるときにタップしてください。

まずは、目的の「自宅への経路」をタップです。

 

職場でも自宅でも、良くいく場所で問題ありません。正確な住所を把握します。

例えば、職場が「白馬村役場」であれば以下の通りです。

〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村北城7025番地

最終的な完成イメージを伝えましょう。

あとから、車 or 電車 or 歩きなども自由に変更できます。

 

操作しよう!

日本で作られたアプリなら、郵便番号か都道府県から入力しますが、海外で作られたアプリなので、一番最後から入力します。

「自宅」と書いてありますが、後ほど「職場」に変更します。

「白馬村北城7025番地」ですが、市町村は後ほど入力するので、北城から書きます。

 

次に市町村名を入力します。

 

以上で終了です。

「職場」にしたにも関わらず「自宅」となっていますが、動きます。

「自宅への経路」をタップして確認してください。

 

上手く検索できました。

 

「自宅」から職場へ変更しよう!

早速、アイコン表示を以下のように修正します。

 

「・・・」をタップします。

 

「設定」をタップします。

 

以下の順番でタップします。

①「自宅への経路」をタップし「職場への経路」へ変更します。

次に②のアイコンをクリックします。

 

アイコンは、以下のように設定します。

色もアイコンの形も自由自在です。

 

ホーム画面に「ショートカット」を追加しよう

 

設定まで戻り、「ホーム画面に追加」をタップします。

 

一番したの「ショートカット」を押します。

 

左右にスライドさせて、「ホーム画面に追加」を探してタップします。

 

以上で登録ができました。

 

Siriにも登録しよう!

音声だけで案内できるとクールです。

 

まとめ:上級者が萌える機能が沢山

登録方法は、上級者用だけあって初心者には向きませんが、上級者が登録してあげることで初心者も使うことができます。

 

 

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:4 Po:4 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加