基礎スキー用にストックを購入!フリーFAST

ストックは、「シナノ」か「LEKI」が人気のようです。

信州に住んでいることから、地元の企業であるシナノにしました。

基礎スキー用のストックならフリーFASTが定番のようです。

我がスクールでも多くの方が利用しています。

長さ調整方法

レーバー先端に指をかけ、レバーを完全に開く(下図)

下段シャフトを伸ばし長さを調整し、レバーを元の位置に戻す。

固定強度の調整方法

シャフトが縮んでしまう場合にはアジャスタブル・ダイヤルを使って調整します。

レバーを完全に開けた状態でアジャスタブル・ダイヤルをマイナスドライバーで締まる方向に1/4~1/2回転回します。

紐の長さの調整も楽々

良く出来ています。

イメージは、こんな感じ

具体的な調整方法は、以下の通りです。

フリーFASTは、超品薄

シナノのフリーFASTは、インターネットでもリアル店舗でも品薄でした。

そのため値引きも、余りよくありません。

 

スキーの長さについて

メジャーで調べたところ、115cmだと以下の意味のようです。

よって、115cmにしたい場合は、以下のようにして115cmのストックと同じになりました。

フリーFAST スノーウルフがオススメ

お値段を気にしないならスノーウルフが良いです。2017~2018の記念モデルです。期間と数量が限定されているとのことです。

2018年先行発売限定モデルSINANOフリーサイズ  伸縮 【2018】 FREE FAST フリーファスト スノーウルフ

まとめ:マテリアルが揃うとやる気がでる

10年ぶりに購入するスキー道具。揃うとやる気がでます。

すべてプロ仕様(インストラクター用)なのでお金がかかります。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加