本革スキー手袋の防水にミンクオイル クリーム

  • 2017年2月:初版
  • 2018年3月:改版
  • 2018年1月:改第2版

手袋が湿っぽくなると保温性が悪くなります。

とある日、指先が冷たくなったため防水スプレーをしないと駄目だと会話していたら、ミンクオイルを塗るといいとのアドバイスを頂きました。

試すと、効果覿面(てきめん)でした。

手袋が長持ちしました\(^.^)/

気を付けていることは沢山あります。詳しくは、後述。

1年経過(約1年前)

2年前に購入した手袋は、ミンクオイルの存在をしらなかったため、1年も経過しない内にボロボロになり汚く使えなくなりました。

今回購入した手袋は、一年以上経過しても大丈夫です。あと2年は使えるかな?

 

2年経過(現在の状態)

スキーのインストラクターとして使っているため酷使していますが、手の甲側は新品同様です。

 

手のひら部分は、かなり使いこんだ感がでています。2年間使用しました。

 

一番傷んでいる部分。親指で持つところ。でも、まだまだ使えます。

 

手袋を長持ちさせるコツ

雨の日は、絶対にしない。
※既にボロボロになった方の手袋でしのぐ。

可能な限り作業用手袋でしのぐ
⇒いろんな種類をためした結果ダイローブ102がベスト

比べてわかった!防寒用手袋 ダイローブ102と102Fの違い

 

デサントのスキー手袋(やぎ革)が多い

本革手袋は、いらないと思っていましたら既に本革でした。

スキーの講師仲間では、以下の2種類のいずれかが多いです。

私は、ミントタイプを使っています。

2019年モデルも、ほとんど売り切れていました。

DGL-7XXXが、今シーズンモデルです。

5本指タイプ

DGL-7005(2018年モデル)

1年前のモデルでも、違いはほとんどありません。安い方を購入してください。

楽天なら安いモデルがあります。DGL-6005(2017年モデル)

ミトンタイプ

ミトンタイプの方が保温性が高いとのことです。5本指タイプの手袋を使っていましたが、次はミトンタイプを購入しようと思っています。使い勝手は変わらないとのこと。

DGL-7006(2018年モデル)

楽天なら安いモデルがあります。DGL-6006

必要な物:ミンクオイル

メーカ-は、何処でも良いとのこと。安かったので以下のものを購入しました。

塗り方

なるべく薄く塗ります。厚く塗ると汚くなってしまうため、ハケを使って塗りましょう。

道具が欲しくなる(^^;)

ミンクオイルだけ買えば十分なんですが、いろんなものが欲しくなります。

布で十分なんですが、ミンクオイルをスムーズに塗るべくハケを購入しました。

ミンクオイルを塗るためのハケ

リムーバー

余分なオイルを落とすもの。古くなったオイルもこれで落ちますね!

リムーバークロス

リムーバー専用の布。なんでもいいような気がしますが、買ってしまいます。

まとめ:スキー手袋の手入れにオススメ

革で出来ているため、オイルでメンテナンスすることで、持ちがよくなります。

また、オイルのため撥水効果があり、保温性も良くなります。

本革手袋を利用している方は、ぜひ活用ください。

 

関連URL

ダイローブは、使い心地が良くて何年も使えるのオススメです。

比べてわかった!防寒用手袋 ダイローブ102と102Fの違い

20160218r804

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加